陸マイラーはろ♂馬とマイルと酒とメシ

2017年1月に陸マイラーを始めました。馬が大好きな普通のサラリーマンのブログです

2020・空旅の予定(2月20日ver)

 

 

今日は仕事が休みということで

貯まったいた雑用と

ホテルやレンタカーの手配

あと牧場の見学予約など旅の穴埋め作業をしてました。

4月に熊本への往路片道をとりあえず予約しましたけど

まだ人事が流動的でわからないので

熊本往路の日程変更が可能ですから

復路の片道は空けたままで今日の作業は終わってます。

これでとりあえず3月は連チャンダブルの予約になりましたが

4月、5月と予約が入りました。

 

で、アゼルバイジャンウラジオストクの予定もある程度練ってみましたが

ウラジオストクは意外と人気で

7月頭まで予約が取れない状態になってました……

あと、ウラジオストクはまだ1週間の運航スケジュールが薄くて

月曜日と金曜日しか運航が無いんです。

てことは、月曜日に出発して金曜日に帰るか

金曜日に出発して月曜日に帰るかの2択になります。

前者は5日間、後者は4日間の行程になるので

自分の場合、当然、後者を選択することになります。

となると?

自分の今の休みは水曜日と木曜日

4月から異動が無ければ木曜日と金曜日

8月も異動が無ければ金曜日と土曜日

12月も異動が無ければ土曜日と日曜日が休みになるので

4日間の休みで抑えようとすると

8月〜11月末までの期間にウラジオストクに行く必要があります。

8月は繁忙期ですし仕事も休みにくく

寒い時期のウラジオストクは避けたいので

総合すると9月の1択ということになります……

 

続いてアゼルバイジャンですが

こちらは7月から羽田→イスタンブール

ANAの直行便が就航するのと

元からイスタンブール以外にフランクフルト経由など

逃げ道があるので組みやすいといえば組みやすいんですけど

やはり飛行時間が長い分

アゼルバイジャンで滞在時間を確保しながら

4日間で納めるのがちょっと難しい。

初日をフランクフルト経由の深夜便にすると

休暇を4日に抑えて現地で丸2日確保出来る行程が組めるので

4月の人事が確定した段階で空きがあれば

6月か7月、ウラジオストクより先にアゼルバイジャンということになりそうです。

ダメならザンジバルという奥の手が出てくる可能性もありますけど……

 

とりあえず今日の段階で確定している日程は以下です。

 

 

 

◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️

 

◼️2020春・プチ北海道視察

 

3月4日(水)  

大阪(伊丹)(15:50) - 札幌(千歳)(17:35)

ANA777

 

3月5日(木)  
札幌(千歳)(18:15) - 大阪(神戸)(20:15)

ANA578

 

 

3月5日

◼️社台スタリオンステーション

14:00〜種牡馬見学

◼️NF早来

15:00〜フェットデメール

◼️NF空港

16:00〜オーソクレース・シーニッククルーズ

 

 

東横インすすきの交差点

・ご宿泊日:2020年3月4日(水) より 1 泊
・チェックイン予定時刻:19:00
・ルームタイプ/プラン:喫煙シングル
・ご利用人数(1部屋あたり):1 名
・会員料金:5,510円(消費税/VAT込)
・支払方法:あとで支払う
・小計金額:5,510円(消費税/VAT込)

 

オリックスレンタカー

●プラン名:レンタで函館 ! 市電1日乗車券付きドライブプラン
●受付日時:2020-02-20 15:29:56
●出発店舗:新千歳空港店 TEL:0123-22-0543
●返却店舗:新千歳空港店 TEL:0123-22-0543
●車のクラス:限定キャンペーンSAクラス 禁煙 4WD スタッドレス(コンパクト)
●利用日程:2020年3月4日 17:30 ~ 2020年3月5日 17:00
チャイルドシート:乳児用×0台  幼児用×0台  学童用×0台
●カーナビ:標準装備
●ETC車載器:標準装備

●免責補償制度:加入する
●レンタカー安心パック:加入しない
●特典:函館市電(市営交通)
    大人 ※大人は必ず1枚以上お選びください。:2
    ご利用日:2020年3月5日(木)
●送迎
迎え:あり
    到着便:ANA
    便名:777 便
送り:あり
    出発便:ANA
    便名:578 便
●クイックチェックイン:利用を希望しない
●お支払い方法:店舗でのお支払い*************************************

■■■ご利用料金 :6,468円(税込)

内訳---------------------------------
レンタル料金(特典含む):5,368円
免責補償制度      :1,100円
*************************************

 

 

◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️

 

◼️2020・台北と日本各地食べ歩きの旅

    (熊本片道おまけ付き)


[1]3月11日(水) NH777
 大阪(伊丹) - 札幌(新千歳)
 出発ターミナル:  
 15:50発17:35着
 特典普通席 / OK

 

[2]3月12日(木) NH4830
 札幌(新千歳) - 名古屋(中部)
 出発ターミナル:D
 08:25発10:20着
 特典普通席 / OK

 

[3]3月12日(木) BR127
 名古屋(中部) - 台北(桃園)
 出発ターミナル:1
 12:45発15:20着
 特典エコノミー / OK

 

[4]3月13日(金) BR106
 台北(桃園) - 福岡
 出発ターミナル:2
 08:10発11:15着
 特典エコノミー / OK

 

[5]3月13日(金) NH426
 福岡 - 大阪(伊丹)
 出発ターミナル:D
 15:55発17:00着
 特典普通席 / OK

 

[6]4月9日(木) NH523
 大阪(伊丹) - 熊本
 出発ターミナル:  
 09:20発10:30着
 特典普通席 / OK

 

東横インすすきの交差点

・ご宿泊日:2020年3月11日(水) より 1 泊
・チェックイン予定時刻:19:00
・ルームタイプ/プラン:喫煙エコノミーダブル
・ご利用人数(1部屋あたり):1 名
・会員料金:5,510円(消費税/VAT込)
・支払方法:あとで支払う

 

スカイ19 ホテル
19F, No. 50, Section 1, Zhongxiao West Road, Zhongzheng District, 台北市, 100, 台湾
忠孝西路一段50號19樓, 中正區, (台北市 , 100)
電話: +886 2 2388 9998
1泊, 1部屋
宿泊者の内訳
大人1名チェックイン
2020年3月12日(木) (15:00~23:30)
チェックアウト
2020年3月13日(金) (08:30~12:00)
前払い
宿泊料金合計が前払いとして、宿泊施設の任意のタイミングで請求されます。
キャンセル料
現在のキャンセル料: TWD 2,250
予約のキャンセル
返金不可の予約です。日程の変更はできません。
1 ダブルルーム バルコニー付
5 % の消費税/VAT 込
10 % のサービス料 込

◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️

 

◼️2020春・北海道視察

 

・2020年05月14日(木) SKY 171便 
  神戸 発 09:10 → 新千歳 着 11:00 いま得

 

・2020年5月16日(土)  ANA 578
   札幌(千歳)(18:15) - 大阪(神戸)(20:10)
   

 

東横インすすきの交差点

・ご宿泊日:2020年5月14日(木) より 2 泊
・チェックイン予定時刻:17:00
・ルームタイプ/プラン:喫煙エコノミーダブル
・オプション:連泊ECOプラン(5/15)
・ご利用人数(1部屋あたり):1 名
・会員料金(1泊目):6,270円(消費税/VAT込)
・会員料金(2泊目):5,970円(消費税/VAT込)
・支払方法:あとで支払う

 

オリックスレンタカー

●プラン名:北海道限定 ! ドライブシーズン到来 ! 春スタートキャンペーン !
●受付日時:2020-02-20 15:33:50
●出発店舗:新千歳空港店 TEL:0123-22-0543
●返却店舗:新千歳空港店 TEL:0123-22-0543
●車のクラス:限定キャンペーンWAクラス 禁煙(ワゴン)
●利用日程:2020年5月14日 11:30 ~ 2020年5月16日 17:00
チャイルドシート:乳児用×0台  幼児用×0台  学童用×0台
●カーナビ:標準装備
●ETC車載器:標準装備

●免責補償制度:込み
●レンタカー安心パック:加入しない
●送迎
迎え:あり
    到着便:SKY
    便名:171 便
送り:あり
    出発便:ANA
    便名:578 便
●クイックチェックイン:利用を希望しない
●お支払い方法:店舗でのお支払い
*************************************

■■■ご利用料金 :23,320円(税込)

内訳---------------------------------
レンタル料金      :23,320円
免責補償制度      :0円
*************************************

 

◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020・新潟の旅

 

 

 

f:id:carrothalo:20200214233544j:image

 

f:id:carrothalo:20200214233603j:image

 

 

今回は会社の同僚と3人で

これといった目的もなく

ただただ食べて飲む1泊のぶらり旅です。

月に1回、必ず空旅という

自分なりの意味不明なスケジュール管理に付き合わせた感じでもあります……

でも、前から何処かに一緒に行こうと言ってましたし

社交辞令みたいなので終わらせるのって嫌な性格でして

2月は特に予定もなかったので

このタイミングになりました。

他にも社交辞令的なやり取りをしてる人はたくさんいますので

スケジュールに合う方から順番に生贄にして行こうと思います……

 

スカイマークが早期予約で安いよってことを

会社の先輩に教えてあげたことがあって

去年ぐらいからその先輩

スカイマークで鹿児島に何度か行ってたんです。

ちょっと空旅の幅を広げてあげようかなと

今回、先輩を誘って飛んだのが新潟。

佐渡島に行った時とか新潟は通ることはあっても

泊まってじっくりということはなかったので

魚食べて日本酒飲むだけって感じですが……

今回は3人でプレミアムクラスにアップグレード。

8席しかないプレミアムクラスですが

3人で貸し切り状態でした。

伊丹→新潟ってお客さん少ないみたいで

往復ともエコノミー含めて空席が目立ちます。

 

 

f:id:carrothalo:20200214233624j:image

 

 

新潟上空ですが

今年は本当に暖冬で雪が少ないですね……

予約した段階から

2月の新潟ってことで大雪を想像してましたが

平野部は全く雪がないのが飛行機から見てもわかります。

 

 

f:id:carrothalo:20200214233638j:image

 

 

一度、新潟空港を東に通り過ぎて

東から西に向かって着陸態勢に入ります。

空港周囲は流石に米何処

田んぼばっかりの景色になります。

 

 

f:id:carrothalo:20200214233654j:image

 

 

高度を下げて空港に近付いてくると

新潟競馬場が見えてきました。

見えてきてから慌ててスマホで撮ったので

端っこが切れてしまいました……

 

 

f:id:carrothalo:20200214233707j:image

 

 

初めての新潟空港

規模は比較的コンパクトですが

綺麗な空港だと思います。

発着便が少ないので

市内までのリムジンも到着に合わせてるんですかね?

待たずに乗れた感じです。

リムジンで市内まで25分程度とのことでしたが

実際は20分程度。

アクセスも悪くない感じです。

 

 

f:id:carrothalo:20200214233720j:image

 

 

新潟市内に着いて

新潟で連節バスに乗ってみました。

 

 

 

f:id:carrothalo:20200214233748j:image

 

 

行くアテもなく連節バスに乗って

市役所の近くで降りたんですけど

市役所の横に白山公園ってのがあります。

白山公園って陸士競技場とか白山神社があります。

行くアテもなく白山神社に寄ったんですけど

観光名所って万国共通で教会や神社仏閣ですよね。

確かに建築様式だったり見る物を魅了するものはたくさんありますけど

何だかわからない感覚で人ってそういう場所に引き寄せられます。

 

 

f:id:carrothalo:20200214233802j:image

 

f:id:carrothalo:20200214233815j:image

 

f:id:carrothalo:20200214233829j:image

 

 

その後、昼飯を食べようと。

何を食べるか考えながら歩いてると

おばちゃんが1人

カレー300円だから食べて行かない?と。

何を食べるか決めてないし一瞬考えました。

300円のカレー……レトルトか自前か

300円のカレーってことで騙されてもいいかなと思ったり

新潟まで来てカレーで腹を満たすのもな……

結局、断って去ったんですけど

今となっては謎としてモヤモヤ感が抜けないので

食べりゃよかったなと。

というか、新潟って街中を歩いてるとカレーの匂いが漂う頻度が高い気がします……

バスセンターの黄色いカレーが有名だそうで

バスセンターのカレーってレトルトのカレーが空港の土産物屋にあるぐらいで

密かにカレー王国なのかもしれません。

 

まあ、結局、海鮮を食べようということになって

市内中心部方向に歩いて戻ることにしたんですけど

新潟といえば忘れてました……

ドカベンの作者である水島 新司さん

出身が新潟市でした。

街中を歩いてると商店街に何か銅像があるな……と。

岩鬼じゃないの?

ってことで近寄ってみるとやっぱり岩鬼でした。

商店街を進むと他にもたくさんの銅像があります。

 

 

f:id:carrothalo:20200214233848j:image

 

 

朱鷺メッセの近くの万代島鮮魚センターまで

小一時間歩いてやっと海鮮丼にありつけました。

魚の鮮度はいいんですけど

ご飯が酢飯じゃないのがちょっと残念。

やっぱり海鮮丼は酢飯の方が断然美味いですから。

 

 

 

f:id:carrothalo:20200214233905j:image

 

f:id:carrothalo:20200214233918j:image

 

f:id:carrothalo:20200214233931j:image

 

 

新潟は米何処ということで

おむすび屋がたまにあります。

鮮魚センターの中にもありまして

塩おむすびを買ってみました。

純粋に米と塩だけだと思ってたんですけど

焼き海苔が巻いて提供されます。

海苔が無い方が米の味がわかりやすいですけど

好みは人それぞれ。

 

 

f:id:carrothalo:20200214233946j:image

 

 

朱鷺メッセの展望室に行ってみました。

遠くに佐渡島が見えたり

新幹線の軌道が市街地を避けるように蛇行して敷設されてる様子がわかります。

 

 

f:id:carrothalo:20200214234005j:image

 

f:id:carrothalo:20200214234018j:image

 

f:id:carrothalo:20200214234108j:image

 

f:id:carrothalo:20200214234056j:image

 

f:id:carrothalo:20200214234124j:image

 

f:id:carrothalo:20200214234135j:image

 

f:id:carrothalo:20200214234148j:image

 

f:id:carrothalo:20200214234201j:image

 

f:id:carrothalo:20200214234212j:image

 

f:id:carrothalo:20200214234221j:image

 

 

晩飯、一家さんという居酒屋で。

突き出しが選べる面白い居酒屋で

自分はバイ貝の煮物を。

酒は越乃寒梅飲み比べからスタート。

この居酒屋、魚が美味しいです。

特に良かったのは

のどぐろの刺身と半身焼き。

絶品でした。

トータルで満足度の高い店でしたよ。

 

 

f:id:carrothalo:20200214234239j:image

 

f:id:carrothalo:20200214234253j:image

 

f:id:carrothalo:20200214234303j:image

 

f:id:carrothalo:20200214234313j:image

 

2軒目は地鶏の店。

ちょっと高いなと思いながら

2000円ぐらいの地鶏の炭火焼盛り合わせを頼んだんですけど

思ってたより大量に出てきまして

2軒目らしからぬボリュームに圧倒されて

美味しいけど苦しかったです……

 

 

 

f:id:carrothalo:20200214234324j:image

 

f:id:carrothalo:20200214234336j:image

 

f:id:carrothalo:20200214234347j:image

 

f:id:carrothalo:20200214234355j:image

 

 

苦しいと言いながら

旅先の〆のラーメンはマストです。

地方都市なのであまり夜遅くやってないのかなと思いきや

意外と遅くまでやってたりします。

夜の新潟の街は意外とお姉ちゃんのお店の客引きが目立ちます。

ラーメン屋を求めて歩いてると

えらく繁盛してる店がありまして

暖簾には手打ちラーメンという文字。

聖龍という中華料理店なんですけど

気になったので入ってみました。

テーブル席は一杯でカウンター席が3つぐらい

辛うじて空いていた状態でした。

とりあえずオーソドックスな聖龍ラーメンを注文。

580円という値段はかなり安いですよね。

左右両隣に若い女の子のシングルというハーレム状態だったんですけど

両方ともそれぞれチャーハンのセット、カレーのセットを注文していて

こんな夜遅くによく食べるねぇ……

というか、ここでもやっぱりカレーなのか……と。

 

で、お待ちかねの聖龍ラーメン。

スープを1口……

かなり魚介の風味が強い魚介醤油です。

あと、北海道とか寒い地域に見られる

冷めないように油が表面を覆ってるタイプです。

肝心の手打ち麺ですけど

卵をあまり感じない小麦の風味が強いツルツルの中太。

1玉のボリュームはなかなかのもので

食べ進めながらセットにしなくて良かった……と。

で、カウンター席のあちこちで

やたらとテーブルに備え付けのコショウを振ってるのを見たんですね。

ほぼほぼ麺がなくなった時にそれに気づいて

自分も真似て少し振ってみたんですけど

これがドンピシャでマッチします。

魚介臭さが見事に飛んでいい感じになるんです。

誰か最初から教えてくれよ……

 

 

 

f:id:carrothalo:20200215211339j:image

 

f:id:carrothalo:20200215211358j:image

 

f:id:carrothalo:20200215211415j:image

 

 

 

f:id:carrothalo:20200215211433j:image

 

 

新潟の旅の2日目。

10時前にホテルを出て向かったのは

駅ビルの中にある『ぽんしゅ館』

新潟の日本酒を100種類近く飲み比べ出来る

酒飲みの聖地です……

何年も前からここに来たかったんですよね……

今回、新潟を選んだ目的が実はこれが目当てだったんです。

というか、目的はこれのみ……だったんです。

 

まず、ぽんしゅ館に行きます。

で、受付で500円出してコインを5枚買います。

コイン1枚で1つ試飲が出来ます。

つまり100円で1種類試飲が出来るという具合ですね。

酒の試飲以外に塩と味噌は無料で頂けますから

塩と味噌を舐めながら酒をひたすら飲むという

無限ループがここでは展開されます。

うん、正に天国でしたよ……

無料で提供されてる辛味噌にハマってしまいまして

スタッフのお姉ちゃんに

この味噌って売ってますか?と尋ねて

大人買いしてしまいました。

新潟から帰ってから毎日この味噌舐めて酒飲んでますよ。

 

 

 

f:id:carrothalo:20200215211511j:image

 

f:id:carrothalo:20200215211528j:image

 

f:id:carrothalo:20200215211539j:image

 

f:id:carrothalo:20200215211559j:image

 

 

ぽんしゅ館を堪能して

水族館がある海辺のエリアにバスで移動。

水族館には入らずに近くの新潟県護国神社に寄りました。

また神社かと思われるでしょうけど

あんまり観光地って市内から近い所にないんですよね……

この護国神社、最近建て直されたようで

建屋は新しい感じです。

 

 

 

f:id:carrothalo:20200215211624j:image

 

 

市内に戻るのに利用したバス。

かぼちゃ電車バスって書いてました。

かぼちゃ電車って知ってます?

自分が子供の頃は東海道線とかで普通に

かぼちゃカラーの電車が走ってましたが

それをそのままバスにカラーリングしたんだと思います。

かぼちゃ電車バスって電車?バス?って

若い方は混乱しそうですが

かぼちゃ電車ってのがわかる世代には懐かしく思えるバスですね。

 

 

f:id:carrothalo:20200215211645j:image

 

f:id:carrothalo:20200215211715j:image

 

市内中心部に戻って昼飯。

昼飯は蕎麦と決めてました。

へぎ蕎麦って言うんですけど

要するにざるそばを大量に木桶に並べて

みんなでシェアして食べるってだけのものですけど

1人用のへぎ蕎麦って謎のものもあります。

 

3人でへぎ蕎麦の大(30玉)を注文しましたが

大体、1玉が出石蕎麦の1玉と同じか少し多いぐらいでしょうか。

わんこ蕎麦よりは明らかに多いと思います。

 

 

f:id:carrothalo:20200215211747j:image

 

f:id:carrothalo:20200215212101j:image

 

f:id:carrothalo:20200215211806j:image

 

f:id:carrothalo:20200215211827j:image

 

f:id:carrothalo:20200215212012j:image

 

 

旅も終わりに近付きまして

昼飯を食べてから1時間ほど自由行動。

1人で駅前をぶらぶらします。

駅の北側を万代口と言いまして

南口に比べて店が多く栄えてます。

駅ビルのルックスは古く

市内各所に向かうバス乗り場も古いまま。

それ故に50年ぐらい、いや、それ以上前

この新潟の人の暮らしや人の流れとか

何となく想像しやすいんですよね……

ここから大都市に仕事を求めて行った人

その人が盆や正月に帰って来て出迎える人。

新潟には今もそういう風情が残ってるんですよね……

 

で、新潟はバス王国です。

新潟交通が1強で牛耳ってるんですけど

とにかく街中は大量のバスが走ってます。

待たなくても次から次へとバスが来る様子は

福岡の西鉄みたいな雰囲気があります。

駅前のバス乗り場は万代口だけでも

13番乗り場までありまして

バスは乗り場にバックでつけて

お客さんを乗せたら前進で出て行きます。

 

 

f:id:carrothalo:20200215212022j:image

 

f:id:carrothalo:20200215212009j:image

 

バス乗り場の横にある喫煙所です。

喫煙者に対してメッセージが書いてます。

うん、これは当然のことですよね。

 

これ、当たり前のことですけど

これだけ明確にメッセージを発信したり

喫煙所の中にもココは吸っていい

それ以外はダメって書いてあるのは素晴らしい。

これが出来てない自治体が多いですから。

これだけ明確だと普通は守ります。

わからない、明確じゃないから

わからないなりにコソコソやったりするんです。

 

 

 

f:id:carrothalo:20200215212152j:image

 

f:id:carrothalo:20200215212203j:image

 

こちらは駅の南口。

新幹線ホームが見える側で

建屋も駅前も新しく整備されてます。

ただ、店があまりなくて無機質で寂しい感じ。

空港からのリムジンはここから発着してます。

 

 

f:id:carrothalo:20200215212230j:image

 

f:id:carrothalo:20200215212248j:image

 

f:id:carrothalo:20200215212320j:image

 

新潟空港に戻ってきました。

旅ももうすぐ終わりです……

夕暮れがまた寂しいです……

出発ロビーはご覧のようにガラガラでこれまた寂しい……

新潟の最後に喫煙所のまとめでもしておきましょうかね。

ターミナルの外、到着口を出てすぐのところにまず1つ。

ターミナルの西端になりますかね。

 

あと、ターミナルの東側が国際線チェックインカウンターになりますが

ターミナル内の東端に1つあります。

 

 

f:id:carrothalo:20200215212334j:image

 

f:id:carrothalo:20200215212343j:image

 

新潟空港はエアライン系の

ANAラウンジやサクララウンジがありません。

なので、保安検査前の一般エリアのカードラウンジを利用するしかないです。

搭乗者が少ない空港なので

あんまりラウンジの利用者もいなくて

カードラウンジでも静かに過ごせます。

これだけ利用者が少ないと

ANAラウンジもサクララウンジも必要ないのかもしれませんね。

なので、アルコールはカードラウンジで有料で飲むことになります。

最後の最後で越乃寒梅を買って飲みました。

 

 

f:id:carrothalo:20200215212354j:image

 

f:id:carrothalo:20200215212409j:image

 

最後にもういっちょ……

保安検査を抜けて制限エリア内に喫煙所があります。

新潟は何気に喫煙者に優しい空港でした。

 

 

f:id:carrothalo:20200215212418j:image

 

f:id:carrothalo:20200215212427p:image

 

新潟に着いた時から気になってましたが

遠目で見て、どう見ても空港内に阪急バスのカラーのバスが止まってるんですよね。

調べてみるとやはり阪急バスの引退車両が

空港内の送迎用で使用されてるようです。

沖止めになった場合

おそらく阪急バスカラーのこの車両が

ターミナルと飛行機間を送迎するはずです。

 

新潟から伊丹までの飛行ルートはこんな感じでしたよ。

 

 

f:id:carrothalo:20200215212436j:image

 

 

夕刻に伊丹に戻って最後に晩飯をということで

とんかつ屋さんに入ったんですけど

やはり新潟でカレーがずっと気になってたんですよね……

なので、敢えてカツカレーです。

伊丹空港近くのトントンってトンカツ屋さんなんですけど

灯台下暗しというか入ったことがなかったんです。

初めて入ったんですけど

老夫婦が営む小さな店で

カレーは思ってたよりスパイシーで

味わい深い結構美味しいカレーでした。

美味しかったよと言うと凄く嬉しそうな顔をされて

また行きたいなと思えるアットホームな雰囲気のいい店でした。

 

次の空旅は3月4日から1泊

超弾丸で北海道視察に行ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020・空旅の予定

 

 

本来はポンポンと毎月予約を入れておくのですが

年末まで異常な忙しさでそれどころじゃなかった感じで……

そんな中でも空旅の予約はまず最初にやっておくべきで

長期的なスケジュールの組み方としてマズかったです……

人間、仕事が大切なのは当たり前ですけど

個人的なポリシーとして空旅の予約を中心にして

そこからスケジュールを埋めていくスタイルなので

それさえ出来ないという

去年末までの仕事の環境の異常さが今になってわかります……

 

今のところ持っている予約は

この2つのみで

いずれも国内単発です。

ちょっと寂しい予定ですね……

 

-----------

2月14日

伊丹09:15→新潟10:15

ANA513

 

2月15日

新潟17:25→伊丹18:35

ANA520

-----------

5月14日

神戸09:10 → 新千歳11:00 

SKY171

 

5月16日
新千歳18:15 → 神戸20:10

ANA578

-----------

 

1月にANAの成田→チェンナイ線新規開設に伴って

ハーフマイルキャンペーンというのがあって

そのキャンペーンに乗っかってチェンナイに行きましたが

それ以降、新潟に単発の予約を入れるのがやっとでした。

最近、春の北海道視察の日程調整を行い

5月に北海道視察の予約も入れました。

 

問題は3月と4月に予約が入ってないこと……

ということで3月頭ぐらいに

一発、会社の同僚と北海道の単発弾丸を考えてます。

あと、4月ですが人事がどうなるかわからないので

やはり国内ですが

人事がわかり次第動けるトクたびマイルを久しぶりに利用して

突発的にどこかに行こうと思います。

 

f:id:carrothalo:20200206202313j:image

 

f:id:carrothalo:20200206202334j:image

 

さて、6月以降の予定なんですが

そもそも2020年

どことどこに行くつもりなの?って話しです。

余裕がない状況で2月、3月、4月と無理矢理感ありありなんですけど

6月以降はしっかり予定を入れておきたいところ……

去年からアゼルバイジャンに行きたいと口外してましたが

これは何月かわからないけど

是非とも行っておきたいと思います。

去年からアゼルバイジャンについてはシミュレーションをしてましたが

スタアラの国際線特典航空券で行くなら

イスタンブールを経由するルートになります。

で、タイミング良くANAイスタンブールに7月から新規就航すると先日発表したんですね。

おそらくですが、新規就航=ハーフマイルキャンペーンを

チェンナイ同様にやると思います。

このキャンペーンを待ってGOしようと画策してます。

イスタンブールまで通常

エコノミーで55000マイル

ビジネスで90000マイル必要ですから

ハーフマイルキャンペーンだと2人でこのマイルで行ける算段です。

あくまでも日本からイスタンブールまでの単純往復がキャンペーンの対象になりますから

イスタンブールからアゼルバイジャンまでは別に格安のチケットを手配するつもりです。

行先をアゼルバイジャンまでで発券すると

おそらくキャンペーンの対象から外れて

必要マイルが跳ね上がるだろうし

海外発券でイスタンブールアゼルバイジャンまで発券すると

意外と別途たくさんのマイルが必要になるはず。

まあ、アゼルバイジャンについてはそんな感じです。

 

f:id:carrothalo:20200206202511j:image

 

続いて考えているのがウラジオストク

これは3月からANAが新規就航を決めている路線で

これも地味にハーフマイルキャンペーンを待ってます。

通常15000マイルで単純往復可能なので

ハーフマイルキャンペーンじゃなくてもいいんですけど

極寒の地に寒い季節に行くのは避けたので

出来れば夏に行きたいなと考えてます。

うまくいい季節とキャンペーンが被ると幸いです……

 

あと、今年は難しいかもしれませんが

タンザニアザンジバルに最近興味があります。

以前に南アフリカに行きたいとアウトプットしたことがありますが

南アフリカも捨ててはいません。

南アフリカに関しては4〜5日で行って帰ってくるのは難しいので

どうしてもリフレッシュ休暇が取れるタイミングで考えることになります。

ザンジバルだとかろうじてアディスアベバ経由で4〜5日での往復が可能なので

可能であれば今年か来年のラインで考えてます。

おそらく来年かな……とは思います。

ただ、イエローカードが必要だったり

ちょっとハードルは高めですね。

 

あとはミャンマーヤンゴン

これはインドの手前の位置にあって

消費マイルがインド並みに必要なので

単発で行くのは勿体ないかな……と。

なので、出来れば小籠包目当てで台湾か

中国でも西部に行ったことがないので

成都辺りを絡めて行きたいと思ってますが

今の情勢からするとちょっと静観でしょうか。

 

 

 

2020・春の北海道視察のご案内

 

 

今年の春の北海道視察の日程が決まりました。

 

5月14日(木)〜5月16日(土)の2泊です。

 

5月14日(木)SKY 171

神戸  09:10 → 新千歳  11:00 

 

5月16日(土)ANA 578
 新千歳 18:15 → 神戸 20:10

 

自分の予約はこれで。

 

新千歳に11時集合を目安に

解散は16時ぐらいで。

ホテルはいつもの東横インです。

 

レンタカーはミニバンを1台手配します。

出発3週間前を目処に見学馬の集計を行います。

 

 

ひとまずご連絡まで。

 

 

 

2020・チェンナイの旅・その3

 

 

 

 

f:id:carrothalo:20200124125947j:image

 

f:id:carrothalo:20200205085000j:image

 

 

最終日の朝、ホテルの朝食はあまり変わりなく

ドーサとカットフルーツが増えてました。

生のサラダとかカットフルーツって

アジア圏の国ではちょっと抵抗感がありますが

意外とインドって水に対して配慮されてます。

ホテルやレストランにはボトルで大量のミネラルウォーターが運び込まれていて

街中で空のボトルを積んだのを見かけるし

トラックでミネラルウォーターが運び込まれる光景を見かけます。

川とか見ると、うわ……って思いますけど

自らの飲用水もおそらく水道水は使わないんでしょうね。

レストランで食事をするとき

インドでも水が提供されますけど

ミネラルウォーターですか?と尋ねると

ミネラルウォーターだよ。っていつも返ってきます。

なので、水に関しては

カルキ臭がする日本のレストランより美味しくて

逆に安全なぐらいです。

意外に思うでしょう?

 

 

 

f:id:carrothalo:20200124130757j:image

 

f:id:carrothalo:20200124125849j:image

 

f:id:carrothalo:20200124130347j:image

 

f:id:carrothalo:20200124130505j:image

 

 

最終日。帰国のフライトが深夜便なので

夕方ぐらいまで時間があります。

チェンナイの街にも慣れてきて

最終日は別行動で大丈夫だろうと。

それぐらい危険は感じない街です。

嫁はまだ買い物がしたいということで

自分は買い物に付き合いたくない……

海外であろうと意気投合しなければ別行動。

それが我が家では当たり前なんです。

 

自分はクレジットカードが使えるスタバで

どんなカードが使えるのか

もう一度ちょっと見てみたかったんです。

インドって空港以外では日常であんまりカードが使える雰囲気がないんですけど

スタバなら間違いなく使えるので。

結果的にVISAやmasterは当然のように使えました。

が、何しに行ったんだ?というか

アメックスを持って行くのを忘れたという……

 

というオチなんですけど

スタバの店内はガラガラ。

マクドナルド同様に経営大丈夫?って思います。

 

 

 

f:id:carrothalo:20200124143318j:image

 

f:id:carrothalo:20200124143327j:image

 

 

 

スタバでコーヒー買って

店の外でタバコ吸いながらコーヒー飲んでたんですけど

嫁がスタバに来ました。

何やってんの?と尋ねると

まだマーケットが開いてなかったそうです……

2人揃って何やってんの!って感じです……

 

というかチェンナイって何か朝からゆったり時間が流れていて

日本みたいな朝の喧騒という感じがないというか

まず、日が昇ったら寺院に行ってお祈りして

朝食食べてぼちぼち仕事にいきましょうみたいな

のんびりさがあって朝からバタバタしてないんですよね。

思ったより夜は店が開いてるんですけど

朝は比較的ゆっくりです。

 

嫁と合流してそこら辺を散策することにしたんですけど

学校からひと学年ぐらいでしょうか

200人ぐらい生徒が出てきて

プラカードを持って街の通りに向かって行進を始めました。

まず日本では見かけない光景ですし

プラカードには何って書いてあるのか

何処に向かって何をするのか

凄く興味があって行列について行ったんです。

 

プラカードは安全運転を訴える内容だったんですけど

それぐらい交通ルールを守らないとかマナーが悪いとか

国民の認識としてあるんでしょうね。

タクシーとかオートリキシャに乗るとむちゃくちゃだと思いますけど

これも日本も辿った道ではあるんですよね。

貧困から経済成長する過程でみんな通る道。

それを正そうとしている学生を見ていると

もう少し時間はかかるだろうけど

そのうち良くなると思いますね。

というか、クラクション鳴らして口論になったり

煽り運転で問題になったり

そんなのインドじゃ、そこらじゅうでクラクション鳴らしてるし煽ってる。

それはオートリキシャに乗ってる動画を見るとわかります。

でも当たり前のことでいちいちトラブルにならないんですよね。

何がマナーで何が良いの?

国民性が違うのか何か変な方向に向かってるのか

何か今の日本っておかしいよな……って思います。

 

 

 

f:id:carrothalo:20200124143338j:image

 

 

 

街中の散策してないエリアを歩いてると

地元のコンビニをひと回り大きくしたぐらいのスーパーを見つけて入ってみました。

ここでまたばらまき用のクッキーとか紅茶とか

折り畳んで持ち歩いてるエコバッグがパンパンになるぐらい買ってしまって

ホテルに一旦戻ってスーツケースに詰めたんですけど

2つ持って行ったスーツケースの1つが

お土産だけでパンパンになりました……

 

 

f:id:carrothalo:20200124143348j:image

 

f:id:carrothalo:20200124153820j:image

 

 

ホテルに戻って荷物を置いて

もう一度、嫁とは別行動。

自分はマクドナルドで時間を潰すことにして

Tナガールに向かいましたが

途中でサトウキビの束とペイントされたスイカをたくさん見かけました。

何か魔除けみたいなものでしょうか……

あと、バス停はこんな感じで

屋根付きのそれなりのしっかりしたものですが

時刻表や標柱みたなものはありません。

 

 

f:id:carrothalo:20200124161830j:image

 

f:id:carrothalo:20200124153832j:image

 

f:id:carrothalo:20200124154531j:image

 

 

インドってゆっくり座ってお茶したり

時間潰す場所は基本的にないんです……

カフェといいますか喫茶店みたいなのがなくて

チャイとか売ってる店はあちこちにありますが

店舗の前で立ち飲みのスタイルです。

で、レストランはしっかり食事する場所。

なので、スタバかマクドナルドしか時間潰す場所がありません。

さっきスタバに行ったので

最後のカード、マクドナルドで嫁が買い物してる間の時間潰し。

マクドナルドは昼前でもガラガラ。

 

 

f:id:carrothalo:20200124183737j:image

 

f:id:carrothalo:20200124183752j:image

 

f:id:carrothalo:20200124183808j:image

 

f:id:carrothalo:20200124184203j:image

 

f:id:carrothalo:20200124184217j:image

 

f:id:carrothalo:20200124184235j:image

 

f:id:carrothalo:20200124184247j:image

 

 

買い物を終えた嫁と合流して

チェンナイ最終の食事は昨晩の店にリピート。

別のメニュー頼もうと思ってましたが

嫁が勝手にオーダーしたのが

昨日と同じチキンライス……

おいおい……と思いましたが最後の最後で失敗したくなかったそうです。

カレーはラビットってのがあってお願いしたら品切れでないとのことで

ダチョウのカレーをチョイス。

 

この日はチキンライスを食べてたら

何か口の中に残るな……と思ったら

髪の毛が入ってました。

まあ、こういう事もありますわな……

自分は髪の毛ぐらい平気なので

日本にいてもこういう場合

いちいち店員呼んだりしません。

 

 

f:id:carrothalo:20200124184305j:image

 

f:id:carrothalo:20200124184326j:image

 

 

店の前にこんな何かの紋様が書いてたんですけど

この紋様、何かの魔除けだと思いますが

普通の家の門の前にも書かれてるのをよく見かけます。

紋様は色々ありまして

家紋みたいなものなのか

多神教ヒンズー教にあって

何かの神を表してるものなのかもしれませんね。

 

 

f:id:carrothalo:20200124184404j:image

 

f:id:carrothalo:20200124184421j:image

 

f:id:carrothalo:20200124184436j:image

 

 

 

チェックアウトは朝のうちに済ませてたんですけど

荷物だけ夕方までフロントで預かってもらってました。

ホテルに戻っていよいよ帰国態勢に……

フロントでタクシー呼んでもらおうと思ったら

スタッフがずっとスマホで電話中で

電話終わるのを待ってました。

どうやら自分の子供と談笑してる感じなんですけど

それはそれで大切な時間だろうと

遠慮してずっと待ってたんですね。

そしたら別のスタッフが買い物に行くために

フロントの前を通ったので呼び止めて

タクシーを呼んで貰いました。

こういう緩い雰囲気のインドって好きなんですよね……

 

5分ほど待ってるとタクシーが来たんですけど

エンブレムを見ると

なんと!インドの国産車タタモーターのタクシーだったんです。

お!タタモーター!ってテンションが上がりました。

チェンナイの街で見かけるのは

トヨタ、ホンダ、スズキ、ヒュンダイ、ワーゲンの小型車がほとんどで

全体的に中古車だろうなという感じです。

あんまりタタモーターの車自体見なかったんですけど

ここにきて最後の最後にタタモーターってラッキー過ぎます。

だって日本でタタモーターの車に乗ったことのある人ってどれだけいます?

多分、死ぬまで乗ることがない人が大半だと思います。

インドの国産車ってどんな感じなんだろう……

勿論、運転はしてないので

あくまでも乗り心地だけしかわかりませんが

変な感じもなく内装は至ってシンプル。

かなり安価らしいのでゴテゴテと無駄な装備もなく

ひと昔前のカローラをもうひと回り小さくした感じでしょうか。

コンパクトでトランクルームも小さいので

スーツケースは2つ入らず

助手席に積んで空港まで乗せてもらいました。

 

 

 

f:id:carrothalo:20200124184452j:image

 

f:id:carrothalo:20200124184508j:image

 

f:id:carrothalo:20200124184536j:image

 

f:id:carrothalo:20200124184550j:image

 

f:id:carrothalo:20200124184602j:image

 

 

空港に到着。

空港周囲は開発が急ピッチで進められてますが

今は周りには山しかない感じで

本当に何もありません……

国際線の出発は第4ターミナルですが

インドはターミナルに入るのにセキュリティチェックが必要で

一旦、ターミナルに入ってしまうと外に出ることが出来ません。

幸い、チェンナイ国際空港はパスポートコントロールを抜けると

制限エリア内に喫煙所があるらしいので

チェックインカウンターのオープンまで外で時間を潰して

ターミナルに入ることにします。

ということでとりあえず外でタバコを……

と思って喫煙所を探しますが

国際線ターミナルの外には喫煙所がないです……

ターミナルの内外には軍人が銃を持ってウロウロしていて

とてもじゃないけどそこらでタバコを吸える雰囲気ではないです……

国際線ターミナルと国内線ターミナルの間に

トイレがあるんですけど

そのトイレの建屋の物陰に隠れて

ひっそりとタバコを吸うわけですが

喫煙者が考えることは同じで

どこかタバコを吸う場所がないかな……と

周囲を見渡すとここのトイレの建屋の物陰に喫煙者は集まってきます。

スラっと足が細長い青年がタバコを吸いに来たんですけど

目が会うと愛煙家同士大変だね……みたいな

気持ちが分かり合えてる感じでニコッとお互いに笑ったり。

多分、ターミナルに入って制限エリア内の喫煙所でまた会うんだろうなと

嫁と話してたら後でまた喫煙所で会いまして

愛煙家の行動はわかりやすい。

 

 

f:id:carrothalo:20200125075410j:image

 

f:id:carrothalo:20200125075457j:image

 

f:id:carrothalo:20200125075539j:image

 

 

 

カウンターのオープンは出発3時間前なんですけど

カウンターオープンまで2時間近く時間ぎ余ったんですね。

退屈なので国際線ターミナルの端から

国内線ターミナルの端まで歩いてどれぐらいかかるんだろう?

という意味のない実験をしました……

まあ、チェンナイの空港の情報って

検索しても結構薄いので

何かの役に立てばと思います……

というか動画を撮影しましたので

見てもらうとわかりますけど

ターミナルの外には店舗が何軒かあるんですが

アルコールはありません。

 

動画のスタートは国内線ターミナルの端で

国際線ターミナルの端まで撮影してます。

これをやって気づいたのが

国内線ターミナルの端に喫煙所があること。

ただ、この喫煙所の真横に軍人の溜まり場があって

タバコを吸うのに少々プレッシャーを感じます……

空港施設での撮影は禁止されてるので

止められるのを覚悟でスマホで動画を撮影してみましたが

何も言われませんでした……

 

 

f:id:carrothalo:20200125075552j:image

 

 

国内線ターミナルのから国際線ターミナルの端まで

歩いて十数分という結果が実験でわかりますが

その間、いつ軍人に止められるかヒヤヒヤでした。

因みにターミナル間の移動は

無料でカートで運んでくれますから

楽したければカートの移動がおすすめ。

スタート地点の国内線ターミナルに行く途中

ターミナル間を歩いてると

カートが後ろから来て

乗って行きませんか?とカートの人が声をかけてくれました。

 

国際線ターミナル側に戻って

まだ時間もあるし喉が渇いたので飲み物を。

ということで何を飲もうか店舗のラインナップを見ていると

インドのコーラ

ハンズアップという親指を立てたデザインの飲料が気になったので買って飲んでみました。

あんまり……でした。

 

 

f:id:carrothalo:20200125075648j:image

 

f:id:carrothalo:20200125075725j:image

 

f:id:carrothalo:20200125075745j:image

 

 

 

出発4時間前。

そろそろターミナルに入ってみます。

ターミナル内はガラガラ……

チェンナイは国際線の利用者が少なく

チェンナイという場所がまだあまり国際化してないのがわかります。

カウンターのオープンは3時間前ということでしたが

3時間半前ぐらいからカウンター前に行列が出来てきて

その時点で早めにカウンターがオープンしました。

 

我々はエコノミーの予約でしたが

ANAの上級会員なのでビジネスクラスのカウンターを利用出来ます。

チェンナイの航路開設は最近のことで

地上職員もまだ経験不足なのか

ビジネスクラスのカウンターに進むと

エコノミーの予約はこのカウンターじゃないと言われてしまいました……

おいおい……って感じなんですけど

すぐに先輩のスタッフが訂正して手続きが始まりました。

チェンナイは夏服で過ごしてましたが

日本に帰ると真冬ですから

成田でスーツケースをピックアップして着替える必要があるのと

ちょっと目的がありまして

この先、チェンナイ→成田→福岡→伊丹という残りの行程のうち

成田までの航空券だけ発券してもらって

成田に到着したら成田で成田→福岡→伊丹の航空券を発券しようと思ってました。

 

その目的とは、成田→福岡の区間をプレミアムクラスにアップグレードしようと考えてたんです。

というのはチェンナイ行きの2日前に

国際線特典航空券は事前アップグレードは出来ないルールを知っていながら

何か曖昧な部分があるルールなので

もしかしたら……と思って

ゴールドデスクにアップグレード出来ないか問い合わせてたんです。

回答は当然のように即答でNGということだったわけですが

以前に国際線特典航空券の国内線部分については

当日にアップグレード出来たことがあるんです。

 

なので、成田でそれを試してみようと思いまして

チェンナイでは成田までのみ発券して欲しいなと。

何故、成田までのみ発券して欲しいかというと

海外で発券した搭乗券はひと目ですぐ海外からの乗り継ぎだとわかるし

日本で発券した方が国際線特典航空券だとわかりにくいと思いまして……

 

成田まで発券して荷物も成田で受け取りたいわけですが

動画は前に手続きした人が

ラウンジのバウチャーを落としたので

それを拾ってあげて

前の人がバウチャー落としたよってバウチャーをスタッフに渡すところから始まります。

で、成田まで発券して欲しいと伝えたところ

カウンターのスタッフの回答はNO。

他に先輩のスタッフも集まってきて3人がかりの対応になりました……

福岡まで発券するから福岡で荷物を受け取るようにの一点張り。

え?なんで?って感じなんですけど

スタッフも主張を曲げないので

仕方なく福岡まで発券されて

荷物も福岡で受け取るよう

荷物の受け取りの控えはTO  FUKUOKAと印字されてました。

なんかかなりカウンターで混乱してた様子なんですが

なんかおかしいな……と違和感を感じながら

チェックインは完了。

この後、この違和感は的中してたというか

搭乗時にちょっとゴタゴタします。

 

 

 

f:id:carrothalo:20200125075812j:image

 

f:id:carrothalo:20200125075854j:image

 

f:id:carrothalo:20200125075913j:image

 

 

f:id:carrothalo:20200125075936j:image

 

f:id:carrothalo:20200125075955j:image

 

f:id:carrothalo:20200125080011j:image

 

f:id:carrothalo:20200125080021j:image

 

 

イミグレを抜けて制限エリア内はやはりガラガラ。

免税店も少なく真っ直ぐトラベルクラブラウンジへ。

このラウンジは全てのアライアンスのビジネスクラス以上の利用者が案内されるラウンジで

我々が入った時はあまり混雑してませんでしたけど

次第に混雑してきて

出発便が重なる時間帯になると

座るソファーが全く無くなるぐらい混雑します。

アルコールの提供もあって

バーカウンターで注文するとアルコールを提供してくれます。

インドのNo1ビールのキングフィッシャーも勿論ありますよ。

ホットミールはやはりカレーとドーサで

ドーサはその場で焼いてくれて焼きたてをいただけます。

でも何気に塩焼きそばが美味しかったです。

 

 

 

f:id:carrothalo:20200125080047j:image

 

f:id:carrothalo:20200125080056j:image

 

f:id:carrothalo:20200125080121j:image

 

 

軽く飲み食いしたところで喫煙所へ。

トラベルクラブラウンジは3階のちょっと奥の静かな場所にありますが

喫煙所は2階の制限エリアの一番端。

トラベルクラブラウンジと喫煙所はちょっと離れてます。

喫煙所に行くとやはりいました。

空港の外のトイレの陰で一緒にひっそりタバコ吸ってた青年。

顔が会うとやっぱりまたアンタか

って感じで笑顔になります。

 

 

 

 

f:id:carrothalo:20200125080150j:image

 

f:id:carrothalo:20200125080202j:image

 

 

 

ラウンジに戻ってもう少し飲んで

搭乗時刻が近づいてきたので搭乗口まで移動します。

11番〜16番搭乗口は喫煙所と反対側の端に

ちょっと厳かなエリアがありまして

そこから先は何故か係員がいて

搭乗券を提示しないと先に進めません。

搭乗券を提示して先に進むと

エレベーターとエスカレーターがあって

1階に降りる形になります。

1階に降りるとこれまた免税店やラウンジがありまして

エアインディアのラウンジが……

未だにスタアラの看板が入口にありますが

エアインディアはスタアラから外れたはず……

こんなところにエアインディアのラウンジがあるなら

ダメ元で入れるか試したのに……

 

というか、2階の制限エリアより

この1階の方が狭いエリアですけど

免税店とか店が多い感じの

わけのわからない隠しエリア方式になっていたという……

これはチェンナイ初めての利用者にとっては面食らう設定になってます。

 

 

 

 

 

 

f:id:carrothalo:20200206090729j:image

 

成田行きNH826に搭乗するため

搭乗口に行って搭乗券をスタッフに渡すと

何かスタッフ同士がヒソヒソ話し始めて

いつもと違う展開……

ん〜、ちゃんとチェックインして

保安検査受けてイミグレ抜けて

不具合なかったはずだけど……なに?って感じです。

スタッフは搭乗券とパスポート、あと荷物の受け取り票を凝視してます。

自分も何かあったのか気になるのでその光景を見てます。

 

すると、スタッフが荷物の受け取り票を新しいものにすり替えたのがわかりました。

え?なになになに?と思って

受け取り票を見たら

福岡→伊丹の行程の1行がなくなっていて

ちょっと内容が変わってました。

普通、受け取り票なんか見ないんですけど

今回はチェックインの時に福岡で荷物を受け取れと言われて

変だなと思ってたのでしっかり見て覚えてましたから。

特に説明もなく受け取り票をすり替えて手渡されたんですけど

何だろう……向こうの手違いなのか

知らないうちに運び屋にでっち上げられたり?とかまで考えます。

機内に入れば日本人のクルーがいるので

クレームじゃなくちょっと経緯を聞いてみようと思ってたら

ボーディングブリッジの入り口で

もう一度、搭乗券をスキャンするセクションがあったんですね。

 

で、そこにチェックインカウンターで手続きしてくれたスタッフが先回りしていて

どうやら我々が搭乗するのを待ってたようでした。

やはり荷物の受け取り票に不備があったのと

成田で受け取りをするように説明を受けました。

そりゃそうよね?

入国するのは成田であって検疫も成田なわけで

成田から福岡に着いて福岡の国際線ターミナルに到着するわけじゃない。

自分はただ単に福岡までアップグレードしたい理由で

発券を成田で止めて欲しいと思ってただけで

え?発券も荷物も福岡縛りですか?と。

まあ、変な運び屋みたいなことになってないので

単にスタッフのミスってわかったことはいいんですけど

搭乗券は成田までで止めて欲しかったな……と。

 

ゴタゴタしましたが

これで楽しかったチェンナイともお別れです。

 

 

 

f:id:carrothalo:20200125080218j:image

 

f:id:carrothalo:20200125080348j:image

 

f:id:carrothalo:20200125080400j:image

 

f:id:carrothalo:20200125080415j:image

 

f:id:carrothalo:20200125080430j:image

 

f:id:carrothalo:20200125080447j:image

 

 

帰国便の機内に入るといつも思います。

帰りたくないな……と。

だけど、帰国便に乗ってると

どこかでマインドが『早く着かないかな……』に切り替わるんですよね。

どこで切り替わるんだろう……

今回はそこを意識して乗ったんですけど

どうも今回の目的地であったチェンナイが見えなくなった時点で

早々にマインドがシフトしてることがわかりました!

それは天候がいい晴れた日には大地が見えなくなった時点

あるいは雲が厚い日には雲の上に出て地上が見えなくなった時点という話し。

あくまでも自分はそうであることを自覚しました。

良くも悪くも切り替えが早いんですね……

行きはデザートにハーゲンダッツでしたが

帰国便はハーゲンダッツではなかったです……

 

行きはジェット気流に逆行する形で

10時間近くかかりましたが

帰りはジェット気流に乗って時速は1200キロ弱。

飛行時間は7時間程度。

上空で安定するとすぐに機内食がサーブされて

食べて少し仮眠して起きたら上海ぐらいまで帰ってました。

行きに見たい映画を3本見たので帰りは映画は見ずで

何もしないと時間が経つのは遅いですね……

行きの方が飛行時間は長いですけど

帰りの方が長く感じました……

でも、すぐに日本の領空に入りまして長崎辺りから

日本を横断するルートで飛行するのを見て

ここから福岡に戻るのか……と。

 

 

 

f:id:carrothalo:20200125093131j:image

 

 

f:id:carrothalo:20200125080505j:image

 

f:id:carrothalo:20200125080516j:image

 

f:id:carrothalo:20200125080525j:image

 

f:id:carrothalo:20200125080536j:image

 

f:id:carrothalo:20200125093055j:image

 

f:id:carrothalo:20200125093106j:image

 

f:id:carrothalo:20200125093158j:image

 

 

成田に到着。

チェンナイでゴタゴタした荷物をピックアップして

検疫前に免税店でタバコを買えるだけ買って

問題なく入国。

さて……多分ダメだと思うけど

成田→福岡までのNH2141のアップグレードを試してみましょう。

入国してすぐにプレミアムクラスの空席を確認すると

8席中5席に空席がありました。

旅行前にプラチナデスクに電話してNGと言われましたが

国内線区間は当日カウンターでアップグレード出来るのか。

なんせ、チェンナイから7時間かけて戻ってきて

意外ですが成田→福岡って2時間以上乗るんです。

福岡→伊丹は1時間ちょっとですから別にエコノミーでいいですが

アップグレードするならここでしょう!って区間ですから。

 

手持ちのアップグレードポイントは18Pあります。

国内線のアップグレードはどの区間でも一律4Pで可能です。

短距離路線など一番安い区間は5000円でアップグレード出来ますが

成田→福岡までのアップグレード料金は15000円必要なので

同じ4P消費するなら15000円の区間で使えば

1P=4000円近い価値で使えますよね。

 

このアップグレードポイントを使っての

アップグレード狙いなんですが

↑↑↑↑↑の動画に手続きの様子をアップしてます。

 

結論から言うとアップグレード可能でした。

国外のチェンナイで発券された搭乗券を提示して

アップグレード可能かカウンターに尋ねました。

ひと目で国際線からの乗り継ぎであるのがわかるし

見れば特典予約ってのもわかります。

アップグレードポイントを使って

プレミアムクラスにアップグレードしたいんですけど……

申し訳ありません……という回答を想定してましたけど

実際の回答はOKでした。

 

ちょっと手続きに苦戦してる感じで

あ……やっぱりダメかな?

というのが頭を過りました。

そこに登場したのが坊主頭の男性地上職員。

チェンナイで付けてもらった荷物のタグを

ビリビリっとちぎってしまったんですね……

捨てようとしたところ

あ……と、アップグレード手続き中の女性職員。

え?マズかった?と男性職員。

女性職員からするとまだ成田→福岡→伊丹の行程が残っていて

そのタグをそのまま使おうとしていたのか

手続きにまだ必要なのか

そんな感じの反応でした。

 

とりあえずタグを新しく作る必要があるわけで

作業が増えたのかそうでもないのかわからないですけど

アップグレード手続きは続きます……

かなり苦戦は続きまして

先輩スタッフにヘルプを求めるためにちょっとお待ち下さい……と。

あ、先輩に聞いて『それ、アップグレードダメなやつじゃん……』

ってなったらマズいな……と思いました。

が、先輩スタッフがやってきて

ここクリックしたら大丈夫!と一発解決。

無事、アップグレードは成功しました。

 

冬服に着替えて荷物預けて

あとの成田→福岡→伊丹の行程は

スマホにクレカ、タバコのみの携帯でほぼ手ぶらです。

楽になりました。

 

で、乗り継ぎまでANAラウンジで時間を過ごすわけですが

成田空港は保安検査を抜けて制限エリアにANAラウンジがありません。

国際線で到着した人も使えるように

一般ロビーにANAアライバルラウンジがあります。

これ要注意なんです……

搭乗口に近い位置にANAラウンジは常にありますから

いつもの調子で保安検査抜けたつもりで

搭乗時間ギリギリまで寛いでると

実は保安検査もまだだし搭乗口は遠いし……みたいな

とんでもないことになります。

 

と、いうことで我々……正にやらかすとこでした。

この成田のアライバルラウンジって使う機会がなかったし

初めて利用したんですね。

で、長時間のフライトでチェンナイから到着して

ここのアライバルラウンジってシャワーはあるし

喫煙所もあるわけですよ。

勿論、アルコールも食べ物もある。

Wi-Fiの接続環境もバッチリ。

もう、至れり尽くせりで居心地抜群です……

もう、ここで暮らしていい……それぐらいです。

 

で、嫁がひと言。

一回外に出てるから保安検査どうなる?と。

搭乗開始時間に搭乗口に行けばいいと思い込んでた思考は

そのひと言で全否定され

超絶リラックスモードは一気にエマージェンシーモードに切り替わります……

ヤバい!時差で寝ぼけ気味だし何も考えずに寛ぎ過ぎました。

搭乗口まで慌ててダッシュしましたが

その途中で久しぶりに館内放送で呼ばれました……

まあ、アライバルラウンジの受付嬢に

はろ様いらっしゃいませんか?と呼ばれるぐらいのタイミングじゃなく

出発10分前には機内に入ってたので

あと3分早ければ館内放送もなかったかなという感じでした。

でも、ちょっと迷惑かけてしまいました……

 

 

 

 

 

f:id:carrothalo:20200125123134j:image

 

f:id:carrothalo:20200125123147j:image

 

f:id:carrothalo:20200125123158j:image

 

f:id:carrothalo:20200125123209j:image

 

f:id:carrothalo:20200125123224j:image

 

 

 

定刻に成田を出発して福岡へ。

アップグレードは成功して特等席の?1Aに陣取りました。

本当は成田から真っ直ぐ伊丹に飛んで早く帰りたかったんですけど

乗り継ぎの選択肢に成田発の伊丹行きは18時ぐらいの設定しかなかったんですね……

羽田までリムジンで移動して羽田からなら早く帰れるんですけど

リムジンって2人で7000円近い出費を伴います。

日本って、特に首都圏の短距離移動のコストが高過ぎます……

海外に行くと日本は異常な高さだと思います……

18時まで待つなら福岡経由で帰っても経費は変わらないので

寄り道してラーメンでも食べて帰ろうかと。

まあ、チェンナイに行く前から漠然と思ってました。

成田に着いて福岡経由で帰る行程はキツいだろうな……と。

実際、想像通りにキツかったです……

もう、早めに真っ直ぐ帰ってゆっくりしたい。

次の日からいきなり仕事だし……

地上を見下ろすとそこには

大阪湾や六甲アイランドポートアイランド

地元が見えます。

帰りたいけど通り過ぎます……

 

で、こうなるのがわかってたので

無理してでもプレミアムクラスって考えだったんですけど

食事は要らない……ぐらいです。

帰国便に乗ってすぐ機内食

仮眠して起きたら軽食

成田に着いたら卑しいからラウンジで軽くメシ。

はっきり言って腹減ってないんですよ……

そこにプレミアムクラスのしっかりした食事。

でも、プレミアムクラスの食事はどれも美味しいので

卑しいから完食してしまいます……

福岡に着いてラーメン食べれるの?という状態になってますけど

ここから逆療法で酒を煽ります。

おかわり、おかわり、おかわりを繰り返して

酒を飲むとシメが欲しくなる状態を意図的に生み出す作戦に出ます。

狙い通りに福岡に着く頃

ラーメンが欲しくなってました……

 

 

 

f:id:carrothalo:20200125135435j:image

 

f:id:carrothalo:20200125151013j:image

 

f:id:carrothalo:20200125135447j:image

 

f:id:carrothalo:20200125135523j:image

 

f:id:carrothalo:20200125135611j:image

 

 

福岡に着いて空港内のラーメン滑走路でラーメン食べるか

博多駅まで移動してデイトスで食べるか。

ラーメン滑走路で食べても良かったんですけど

前からデイトスにあるShin Shinというラーメンは気になってたんですよね。

デイトスの中に色々なラーメン屋が入ってますけど

だるまは以前に食べて旨いの知ってるし

一幸舎とかは全国あちこちに支店があって

福岡じゃなくても食べることが出来る。

そんな感じでShin Shin狙いでデイトスに向かいました。

で、福岡空港から博多までのアクセスは

以前にも触れましたが非常に便利。

地下鉄で2駅ですよ……

こんな市内とのアクセスがいい空港は地元民の誇りですよね。

本当に羨ましい。

 

デイトス博多駅に隣接するビルにありますが

昼飯時に着くとどの店も行列……

行列嫌いの自分は一瞬、引き返そうかと頭を過りましたが

空港に戻ってラーメン滑走路に行っても同じ状態かもしれないし

何のために福岡に寄り道したかというとラーメン目的。

じゃあ、引けないな……と

Shin Shinの行列に並びました。

新型コロナウィルスが外国に広がりつつあるのは

機内のニュースで知ってました。

デイトスの中はラーメン目的に集まってきた中国人で溢れてます。

もし貰うとしたらここだな……という状況でした。

 

30分ほど並びました……

ようやく店員に呼ばれて着席。

さて……Shin Shinのお味は。

思ってたより臭みとか癖が強くなく

まとまったバランス、それでいてコクはしっかりあります。

豚骨以外に下支えしてるのは鶏ガラでしょうかね。

多分、ダブルスープだと思います。

同じデイトス内に店を出してるだるまはスープを飲み干すと

魚粉がたまってたのを覚えてますが

Shin Shinは魚粉系ではないと思います。

麺はかなり細い部類でスープにとろみを感じるぐらい濃厚さがあるので

スープが麺にからみます。

少し濃いめの豚骨でバランスがいいラーメンで

美味しかったです。

でも、なんか記憶に残りにくい感じもする……

でも美味しかったのは間違いないです。

 

 

f:id:carrothalo:20200125153238j:image

 

f:id:carrothalo:20200125153225j:image

 

f:id:carrothalo:20200125150959j:image

 

f:id:carrothalo:20200125153201j:image

 

 

 

今回の旅の最後のフライト。

その前に、会社の同僚に明太子を頼まれてました。

普通の明太子じゃなくて

やまやの『できたてめんたい』

福岡空港の中を探して回ったんですけど

ANA  FESTAのみ販売してる商品らしいです。

普通の明太子って一旦冷凍したものを解凍して作るので

その段階で一定、プチプチ感が削がれるわけですが

それでも博多で買う明太子は普通のものでもプチプチ感が違いますよね。

できたてめんたい……そんなに違うものなのか。

実に興味深い話しですよね。

それで必死に探し回りましたけど

ANA  FESTAしか扱ってないと他の店のおばちゃんにも言われました。

で、ANA  FESTAのおばちゃんに尋ねると

朝夕2回の入荷で夕方は16〜17時ぐらいになる……と。

伊丹に帰るフライトは15:55発。

ほぼ絶望的です……

15時ぐらいにダメ元で入荷してないか尋ねると

やっぱりまだということで断念。

仕方なく、最近、福さ屋が真似して

できたてめんたいを始めたそうで

それを買ってみたんですけど

ANA  FESTAのおばちゃん曰く

やまやのできたてめんたいとは全く出来が違うそうです……

実際、福さ屋のを買って帰って食べてみましたが

おっ!という部位はあるんですけど

プチプチ感にかなりムラがあります。

ということで次に福岡に来ることがあれば是非とも入手したいですね……

 

一般エリアのANA  FESTAだけではなく

保安検査を抜けた制限エリア内のANA  FESTAにも

できたてめんたいを販売してる形跡がありました。

やはり売り切れでしたけど……

前回、福岡に来たときは福岡空港全体的にリニューアル工事中でしたけど

ANAラウンジも一新されてました。

以前は黒と青が主体のちょっと薄暗い感じのラウンジでしたが

明るいトーンに変わってます。

これは伊丹のラウンジなんかも同じですが

個人的に以前の色調が好みだったかな……

 

最後のフライト。

もうフラフラ……

海外帰りは真っ直ぐ帰るのがベストですね……

 

次回は2月14日

1泊で新潟に飛びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020・チェンナイの旅・その2

 

 

f:id:carrothalo:20200123205650j:image

 

f:id:carrothalo:20200123205715j:image

 

f:id:carrothalo:20200123205728j:image

 

f:id:carrothalo:20200123205743j:image

 

 

 

2日目の朝。

イスラム教のコーランの放送?が街中に響いて起こされました。

ホテルの横にはヒンズー教寺院があって7時ぐらいでしょうかね?

鐘の声が街中に響いて、鐘が鳴るとバイクや車が寺院に集まってきて

人が代わる代わる礼拝をして仕事に出かけていきます。

鐘が鳴って、何事か?と思ってホテルの前に出ると

タバコを一服しながらその様子を眺めてました。

 

白人観光客も同じようにその様子を撮影したりして見てましたが

毎日決まった時間に寺院に出向いてお祈りするという文化は

レベル4の国の国民にとって珍しい光景になってるんですよね。

インドで主流のイスラム教は一神教ヒンズー教多神教

一神教は国や権力、他教とバッティングしやすい性質がありますが

ヒンズー教は側から見ても

何かを攻撃したりということがなく

豊かなマインドでどこか受け入れやすい性質があるような気がしました。

 

ホテルの玄関周囲には

シヴァ神とかでしょうかね?

色んな神々の銅像が祀られてます。

池にはナマズでしょうか?

なんかカラフルな錦鯉みたいな魚が優雅に泳いでました。

 

タバコを蒸して目についたのが

あちこちにあるアスファルトに開いた穴。

中を覗き込むと結構奥深い……

雨が降ると浸食されてそのうち陥没しそうですね……

 

 

f:id:carrothalo:20200123205814j:image

 

 

ホテルの朝食。

2階の部屋だったんですけど

ホテルの名前が●●●アパートメントという名称で

真ん中にホールがあって

そこのホールに5つ程の部屋が面している形状なんです。

ホールには大きなテーブルが1つあって

朝食はホールか部屋かどちらかで食べることができますが

言葉が喋れないということで部屋で食べることにしました。

言葉が喋れるとホールで他の宿泊客と食べたりしやすいんですけどね……

 

 

 

 

f:id:carrothalo:20200123213845j:image

 

f:id:carrothalo:20200123213922j:image

 

 

朝食を済ませてとりあえず午前中は

カパーレーシュワラ寺院、サントメ大聖堂、パルタサラティ寺院を巡ってみようかなと。

 

ホテルを出て、ホテルの前でタバコを吸ってると

1人のインド人が近付いてきました。

いつもの事ですぐにタクシーかオートリキシャの運転手が客引きに来たなとわかったんですけど

これも想定範囲内というか

これを待ってたんですね。

 

英語じゃなくヒンズー語か

南インドのチェンナイで使われてるであろう

タミル語か何かで

どこかに行くのかい?って感じのことを言ってるようですけど

待ってましたとばかりに用意していた地図を広げて

ココとココとココに行きたいと指差して

はうまっち?と尋ねると

あちらの言葉で何か言ったので

スマホの電卓画面を出してキーを押してもらうと

どうやら700ルピーで3ヶ所回ってくれるようです。

空港からホテルまでの方が随分遠いんだけど

昨日それでタクシーでも320ルピーだったのにね……

随分ぼったくろうとしてるのはすぐにわかったんですが

午前中オートリキシャをチャーターするようなもので

日本円にして1000円ちょっとで回ってくれるならいいだろうということで

OK。じゃあ700ルピーで頼むよと。

この値段交渉も動画撮ってないんですよね……

 

ということでカパーレーシュワラ寺院にまず向かったんだけど

まあ、運転が荒いというか面白い。

↑↑↑↑↑の動画を見るとわかりますが

たまに嫁の悲鳴が収録されてます。

ただ、嫁もこれでも結構楽しんでおり

これがインド流だぜ?みたいなドライバーとの3人の笑いが収録されてたりします。

 

約20分ほどリキシャに乗ってカパーレーシュワラ寺院に到着。

ドライバーはこの辺りで茶でも飲んでるから

戻ってきたら電話してくれみたいなことを言って

電話番号を教えてくれました。

 

この寺院、ヒンズー教の寺院で

めちゃくちゃカラフルな装飾なんだけど

2000年の歴史があるんです。

寺院の入り口には靴やサンダルが沢山置いてあって

土足で敷地に入ったらダメなんだなというのがわかります。

では……自分も……と

靴を脱いで敷地に入ろうとすると

浮浪者みたいな老人に静止されました。

なんかダメなの?みたいなジェスチャーをすると

右を指差して、何か言ってます。

指差した方を見ると靴を預ける窓口みたいなものがあって

お金を払って靴を預けるようです。

参拝料も一緒に払うのかな?と思ったりしますが

やっぱり窓口に靴を預けずに

門の横に靴を脱いで入っていく人が多数……

ヒンズー教徒はそれでOKで外国人はダメなのかな?と勝手に解釈しましたが

窓口で靴を預けると静止はされませんでした。

何か未だによくわからないシステムです……

 

境内に入るとやはり石畳とか石像

全てがめちゃくちゃ古く黒い。

もう歴史そのものが日本の寺院とは桁違いな感じです……

境内は撮影禁止で真ん中には教徒だけが入れる場所があります。

なんかバラモン教を起源とするインドの歴史を肌で感じて圧倒されました……

 

で、ここで緊張のせいか便意が……

参拝を終えて急いでリキシャに戻ると

ドライバーがお茶飲んで寛いでたんですけど

トイレどこ?と尋ねると

靴を預ける窓口の横にトイレがあったんですね……

急いで駆け込んで用を足したんですけど

ホッとしたところでトイレの中を見渡しても紙がなくて

バケツと柄杓と水道の蛇口があることに気付きました。

あ……インド方式だね……と。

1分ほど考えました……

うん、やっぱりインド方式しかないね。

生まれて初めて自分の手で

手動ウォシュレットしました……

郷に入れば何ちゃらってやつでいい経験しました。

ホテル出る前にトイレットペーパーを持って出ようと思ってたのに

忘れちゃったんですよね……

 

 

 

f:id:carrothalo:20200123213948j:image

 

f:id:carrothalo:20200123214006j:image

 

 

ちょっとハプニングはありましたが

インド方式を体験してサントメ大聖堂に向かいます。

ドライバーも我々の対応に慣れてきたのか

運転は更にアグレッシブさを増してるようです。

直線ではアクセル全開

コーナリングの遠心力は2割増し。

前を行くオートリキシャを全てぶち抜き

自家用もタクシーも全てスリップストリームから

反対車線にはみ出して右側から抜き去ります。

おいおいおい、対抗車来てるし!

って思っても対抗車にブレーキ踏ませて突っ込んで行きます。

日本ではこんなやりたい放題の運転はなかなか出来ないので

逆に痛快で笑いながら乗って楽しんでたんですけど

今思うとかなり危ないよね……

 

ベンガル湾に面したチェンナイで人気のビーチを右側に見ながら10分ほどでサントメ大聖堂に着きました。

この大聖堂、スマトラ沖地震で甚大な被害が出たチェンナイにおいて

奇跡的に被害がなかったらしいんです。

かなり海に近いんですけどね……

地元でも奇跡の大聖堂ということです。

 

インドに布教に来てサントメ マウントで殺されたイエス・キリストの弟子トーマス。

そのトーマスの墓所があるサントメ大聖堂は

ポルトガルが整備し、後にイギリスが再建して

真っ白で綺麗な大聖堂です。

 

キリストの使徒を祀る礼拝堂は、ローマのサン・ピエトロ寺院

ヤコブを祀るスペインのサンチャゴ・デ・コンポステラ

あとサントメ聖堂の3ヶ所なんですね。


トーマスは最後の晩餐をキリストと共にした

キリストと非常に近い人で

インドというのはキリスト教においてもかなり深い関わりがありますし

教会内にはザビエル像やザビエルが持ち込んで祈ったマリア像があります。

 

靴を脱いで中に入るとヨーロッパの大きな聖堂とは違って

意外と派手さはなく

プロテスタント?と思ったりしますが

実はカトリックなんですよね。

この辺りはインドの人のどこか根底にある謙虚さの現れなのかなと感じました。

 

外に出るとドライバーが大聖堂をバックに自撮りしてたので

ドライバーさんもあまりここまで来ないのかな……と。

 

 

 

 

f:id:carrothalo:20200123214111j:image

 

f:id:carrothalo:20200123214126j:image

 

f:id:carrothalo:20200131003045j:image

 

f:id:carrothalo:20200123214153j:image

 

 

f:id:carrothalo:20200123214313j:image

 

 

次に向かったのはパルタサラティ寺院。

こちらもヒンズー教の寺院です。

付近まで来ると牛が沢山います。

ヒンズー教では牛が崇拝の対象でして

基本的に牛は大事にされますし勿論食べません。

牛が沢山そこら辺に繋がれてますから

そこら辺に牛から排出された生クリームが沢山落ちてます。

インドではビンディという花を束ねたものが寺院のそばで売ってます。

花を一輪ずつ束から外してあちこちにお供えするんですけど

ドライバーにビンディを買ってお供えしたら?って言われて

言われるままにビンディを買って

ビンディを持ってる姿をドライバーが写真に撮ってくれたんですけど

いいアングルで写真を撮ろうとしてスマホを構えながら

前に来たり後ろに下がったりしてるうちに

牛の生クリームを踏んで

サンダルだけではなく足のかかとに生クリームがベットリついて

みんなで大笑いしました。

パルタサラティ寺院は最近まで真っ白で白亜の寺院と呼ばれてたそうですが

今ではカパーレーシュワラ寺院同様にカラフルに装飾されてます。

 

数時間のお付き合いでしたがホテルに送ってもらいます。

帰る途中、頼んでないのに

土産物屋に勝手に止まったり

ドライバーは何とか儲けようとしてましたが

要らないから戻ってくれということで頑としてNO!。

ホテルまで戻ってドライバーとお別れ。

さて、お支払いということで約束の700ルピーを払おうと

1000ルピーを手渡すとドライバーが足りないって言うんですね……

え?700ルピーって言ったでしょ?って言うと

往復で1400ルピーだ……と。

 

あ〜なるほどね……

700ルピーでも大概ぼったくられてるんですけど

また楽しかったし色々世話してくれたのでいいか

ってことで1500ルピー渡してお釣りは要らないよと。

インドの人は商売に貪欲ですね。

 

 

 

 

f:id:carrothalo:20200123214608j:image

 

f:id:carrothalo:20200123214622j:image

 

f:id:carrothalo:20200123214635j:image

 

 

 

一旦、ホテルに戻って休憩をして

態勢を立て直しまして

今度は買い物のためにTナガールに徒歩で出かけます。

Tナガールはチェンナイの原宿と呼ばれるエリアで

衣類をはじめエリア全体がショッピングゾーンになってます。

身内のお土産にストールを見たり

自分は嫁について回るだけの退屈な時間です……

奥の青果市場はどんな野菜や果物がどんな値段で売られているのか興味がありましたけど

ちょっと割愛します……

 

 

f:id:carrothalo:20200123214653j:image

 

f:id:carrothalo:20200123214706j:image

 

f:id:carrothalo:20200123214718j:image

 

f:id:carrothalo:20200123214955j:image

 

f:id:carrothalo:20200123215004j:image

 

 

帰りに遅い昼飯をということでマクドナルドに。

何か目新しいメニューがあるかなと思いましたけど

ムンバイと変わらない感じでした。

チャーハンのセットメニューがあったので

オーダーしました。

インディカ米ってちょっと独特の香りがするんですけど

そういうのが無くて美味しかったですよ。

これにもカレーソースが付いていて

その辺りは流石インドです。

バーガーはムンバイでも食べたマハラジャマック。

カレーの味はしません。

ビーフは御法度のお国柄ですからパティはビーフではなくチキンナゲットです。

ポテトの味は万国共通。

 

マクドナルドって日本だと結構人が多い印象ですが

チェンナイのマクドナルドはガラガラ。

寒いぐらいクーラーも効いていて快適です。

インド人ってめちゃくちゃ沢山食べる人が多い印象なんですけど

マクドナルドって値段の割にお腹が膨れないから

あんまり人気がないのかも。

それでいてスタッフは無駄なぐらい沢山いて

見るからに赤字だろうな……と。

スタッフは暇だからずっと雑談して楽しそう。

 

 

 

f:id:carrothalo:20200123215035j:image

 

f:id:carrothalo:20200123215056j:image

 

f:id:carrothalo:20200123215144j:image

 

f:id:carrothalo:20200123215236j:image

 

 

続いてマクドナルドの裏に駄菓子屋というか小さな商店があったので

ばらまき用のお菓子を。

インドに来ると必ず買うものなんです。

ピーナッツを飴で固めたお菓子なんですけど

大量に欲しくてボトルの容器ごと全部くれって言ったんですね。

そしたら店の人がボトルに何個入ってるかわからないから

中から全部出して数え始めました。

で、後から足したりして50個入れてあるから1個12ルピーで600ルピーだねと。

一気に荷物が重くなったので

ホテルに置きに戻ったんですけど

何か50個もないような気がするな……

と思って実際に何個入ってるか数えてみたら

 

42個しかありませんでした……

そういうお国柄というのはわかってます。

なので怒鳴り込んだりしません。

 

 

 

f:id:carrothalo:20200123215256j:image

 

f:id:carrothalo:20200123215524j:image

 

 

続いてばらまき用のクッキー。

こちらは違う商店に行ってみたんですが

1袋30ルピー。

インドのクッキーは商品が違うと品質にばらつきが勿論あるんですけど

平均的に美味しいです。

湿気が多い国ですから帰国して食べる前に

オーブンで焼くと食感と風味が復活します。

 

 

f:id:carrothalo:20200123215550j:image

 

f:id:carrothalo:20200123215608j:image

 

f:id:carrothalo:20200123215621j:image

 

 

 

次に向かったのはインドでは珍しいスタバ。

地図を見るとホテルの近くにあったので

ちょっと寄ってみました。

最近、JCBは加盟店を広げるためインドにも進出を始めたんです。

JCBは純日本製のサムライカードなので頑張って欲しいですよね。

だからもっと使えるエリアを拡大して欲しいと前から思ってました。

で、インドに進出ってニュースは本当に嬉しくて

スタバでJCBのロゴを見た時はそれはそれは……

だって、世界人口の70億人の内訳知ってます?

北米南米、ヨーロッパ、アフリカ、アジアの人口比率って

1:1:1:4なんですけど

十数年後には1:1:2:5になると言われてます。

既にというか、これからの時代は

市場の中心は間違いなく欧米じゃなくアフリカとアジアなんです。

アフリカやアジアなんか色々とまだまだなんじゃないの?

と思うかもしれませんが、それは大間違い。

一気にアジアは欧米に追いつきつつあるし

アフリカもすぐに追いついてきますよ。

貧困はどんどん無くなり並んできます。

70億人のうち既に中国14億人、インド12億人ですよ。

アメリカなんか3億人です。

どれだけ市場規模に差があるかは一目瞭然ですよね。

 

で、スタバのレジ周りを見ると

JCBのステッカーが貼ってあったんですね。

お!と思って喜び勇んでJCBカードを出したものの

実際はエラー……

まだ、システムの展開が追いついてないみたいですね……

中国では銀聯カード以外使いにくいところがあることは杭州の時に記事にしましたが

企業が中国元以外の外貨を過剰にストックさせない政策を取っているように

中国ファーストというか囲い込み戦略はなかなかのものです。

だからインドに目をつけるのは大きな意味があると思うんですね。

 

コーヒーはベトナムコーヒーをオーダーしたんですけど

提供された時点で既にシロップが大量に入っていて

大甘……

ノンシュガーって言えばよかった……

 

 

f:id:carrothalo:20200124002047j:image

 

f:id:carrothalo:20200205082521j:image

 

f:id:carrothalo:20200205082541j:image

 

f:id:carrothalo:20200124002058j:image

 

f:id:carrothalo:20200124002108j:image

 

f:id:carrothalo:20200124002117j:image

 

 

 

晩飯は一日中、ホテルからTナガール辺りをウロウロして

ちょっと目をつけてた店がありまして

そこで食べると決めてました。

地元の小さな食堂って感じの店です。

店員がメニューを持ってきてくれて

昨晩の店みたいなもっと食べろみたいな威圧感はなかったです……

マトンカレーとチキンライスをオーダーしたんですけど

このチキンライスが……絶品過ぎました……

チャーハンってみんな大概あちこちで食べ食べてません?

当然、自分もそうなんですけど

今まで食べたチャーハンと比べてダントツのナンバーワンでした。

ひと口食べてこれには腰が抜けそうでした。

インディカ米にありがちな独特の臭みはないし

タンドリーチキンの旨味は濃厚。

お洒落なレストランではないですが

本当にいい店に当たりました。

旅先の一食はギャンブルですけど

こういう時って本当に幸せな気分になります。

自分が旅をする時、求めるファクターとして

この楽しみが占めるところは大きいです。

 

マトンカレーは美味しく食べることが出来る辛さの限界点ぐらい。

これ以上辛いと口の中が痛いだけなんですけど

辛さはもう少しマイルドでベストぐらいかな。

ということでマトンカレーも美味しいんですけど

チキンライスと一緒に食べると

チキンライスの美味しさが失せる感じ。

 

おそらく地元でも美味しくて人気なんでしょう。

店の前にはバイクがズラリと並んでいて

その数は日本で見る宅配ピザ屋の比ではないです。

食事してる間、頻繁に店員のスマホに電話が入って

電話が入るとバイクで配達してました。

 

 

 

 

 

2020・チェンナイの旅・その1

 

めちゃくちゃ遅くなりましたけど

明けましておめでとう御座います🎊

 

えーと、実は年末からちょっと体調崩してました……

年明けから仕事を少し休むぐらい寝込みまして

仕事始めは6日から……

まあ、ゴールデンウィーク前辺りから激化していた仕事ですが

約8ヵ月……地獄のような日々を耐え抜き

ようやく年末に状況が改善されたわけなんですが

限界だったのか気が抜けたのか

年末に風邪をひきまして

そこで一気に溜まっていた悪いものが吹き出したような感じで……

当然、年末から酒も飲まず

結局、年明け15日に今年初めて飲みに行って

軽くビール3杯とハイボール2杯に抑えたんですけど

やっぱりちょっと体が拒否反応をする感じで……

で、そこからまた徐々にではありますが

回復へ向かってる感じです。

 

そんな感じで仕事はかなりマシな状況に戻ったんですけど

ブログを書く時間はカットして

静養と読書など自己研鑽に時間を充てて過ごしてました。

というのも年末にチェンナイ行きのスケジュールを組んでまして

そこまでには体調をある程度戻すよう努力してたわけです……

 

f:id:carrothalo:20200121220503p:image

f:id:carrothalo:20200121220515p:image

 

 

2020年、最初の空旅はこんな行程で

珍しく1回完結型です……

1回完結型とは言っても最終日は成田から真っ直ぐ帰らずに

謎の福岡寄り道という行程。

帰国して翌日から仕事なので

早めに帰宅して仕事に備えようと思ってたんですけど

成田に7:25に着いてそこから関西に戻る程よい時間の便がリストアップされなくて

成田発だと18時ぐらいまで待つ必要がありまして

それだと伊丹着は19時過ぎ……

成田から羽田までリムジンで移動すると早く帰れますが

リムジンってめちゃくちゃ高い……2人分となると正にぼったくり。

必要マイルが同じなら

それじゃどこか経由して帰ろうかと模索すると

福岡に寄り道しても成田で18時まで待つより早く帰れるよね……ってことで

ラーメンでも食べる?てな感じで。

 

でもまあ、行く前から

ちょっとキツいんじゃないかな……と

うっすらとは感じてます……

成田まで8時間ぐらい飛行機に乗って帰ってくると

もう真っ直ぐ家に帰りたいような状態になってるんだろうな……と。

成田から先、福岡経由の行程は

もしかしたら拷問みたいなものになるかもしれません……

 

 

f:id:carrothalo:20200122070913j:image

 

 

 

 

朝6時過ぎに自宅を出発して

自家用で向かったのは伊丹空港

6時半には到着して1階のチェックインカウンターは大混雑……

プレミアムチェックインカウンターもそこそこ順番待ちが見受けられたので

直接2階のプレミアムチェックインカウンターへ。

2階のプレミアムチェックインカウンターは想像通り順番待ち無し。

ただ、保安検査はある程度の待ち時間が必要で

こんな場合は一般レーンの一番端を開放してバイパスしてくれます。

 

NH2176の搭乗時間前

特にストレスを感じるような混み具合でもなく

ラウンジはいつもぐらいの混み具合でした。

体調が完調ではないので

試しにビールを1杯……

とりあえず大丈夫な感じ。

 

 

f:id:carrothalo:20200122074248j:image

 

f:id:carrothalo:20200122074258j:image

 

f:id:carrothalo:20200122074410j:image

 

 

 

いつものNH2176に搭乗。

風も強くなく空は穏やか。

特に変わりないいいフライトになりそうです。

座席は13A。

本当はもう少し前が良かったんですけど

生憎、離陸して旋回する時に自宅周りを見下ろせる左窓側の席に空きがなく

13列目が精一杯だったんです……

ということで翼の付け根で

エンジンがかなり視界を遮ります……

あまり自宅周りが見えないな……

 

 

f:id:carrothalo:20200123024132j:image

 

 

そう思いながらプッシュバックが始まって

外を眺めていると……あれ……

なんかいつもと様子が変だな……と。

↑↑↑↑↑の画像は滑走路に向かってタキシング中の画像なんですが

この画像を見て『あれ……』と思われた方はなかなかツーな方かも。

 

 

 

 

はい。

今回の成田までのフライトはいわゆるワンフォー。

逆ランだったんです。

伊丹空港は通常、北向きに離発着するんですけど

今回は南向きの離発着。

台風とか風向きが悪い時に珍しくワンフォーになることがありますが

地元民は飛行機が逆向きに離発着してるのを見ると

天候が悪くなるという認識があります。

何でこんな穏やかな天候でワンフォーなんだろう……

そう思ってると後に成田に着いてから会社の同僚からLINEが入ってまして

点検でワンフォーをたまたま使用したそうです。

 

 

 

f:id:carrothalo:20200123102625j:image

 

f:id:carrothalo:20200126234250j:image

 

ワンフォーを使用したことで

離陸後に大きく旋回する必要もなく

軽く機首を左に捻って成田に向かえますから

航路のロスも少なく

離陸して5分ぐらいで琵琶湖の南端の大津辺りが見えてきました。

車だと小一時間かかりますが飛行機早っ!って思います。

 

20分もすると富士山。

早っ!

 

 

 

 

関東に差し掛かると段々と天候が悪くなり

着陸前は少し揺れました。

前回、杭州に行ったとき

このタイミングでパスポートが座席の隙間に落ちたのに気づいて大変だったので

パスポートを持ったまま寝ないように

今回はちゃんと気をつけました……

というか寝ましたけど

手に持った状態では寝なかっただけですけど。

 

 

 

 

 

 

今まで、2回インドに行って困ったことがあります。

今回は3度目になるんですけど

流石に3回目にもなると学習するもので……

過去の空旅の記事を見てもらえるとわかりますが

実はインドって街中でアルコール類の調達が至難の業なんですね。

街中ではコンビニは皆無で

小さな商店はあちこちにあるものの

アルコールを売ってるのはまず見かけません。

なので、アルコールは日本で調達するのがベストなんです。

とはいえ、保安検査で液体の持ち込みが厳しいので

保安検査後の制限エリアで調達する必要があります。

さて……アルコールを売ってる店が制限エリアにあるのかどうか。

当たり前ですが免税店でちょっと高価な日本酒や焼酎、ウィスキーやブランデーなどはありますけど

嫁はビール一筋の人なので

ビールが欲しかったんですけど

このビールが意外と難しいんです……

かなり探し回りましたが

諦めかけた時に見つかりました。

 

実は国際線乗り継ぎのパスポートコントロールを抜けてすぐ右手の土産屋にありまして

そこを一旦見過ごして通り過ぎて

もう諦めよう……って戻って来たときに

ビールがあるのを見つけたんです。

自分は日本酒か焼酎、ウィスキーでも酒なら何でもいいんですけど

こういう時、1人の方が楽だな……と思ったりします。

 

 

f:id:carrothalo:20200123102655j:image

 

f:id:carrothalo:20200123102711j:image

 

f:id:carrothalo:20200123102737j:image

 

 

ビールを無事調達してANAラウンジへ。

毎回、変わりない画像ですみません……

まず、カレーと蕎麦はマストなんです……

インドに行けばカレー三昧なのは承知してますが

仕方ないんです……

いつもあったはずの焼きそばがなく

あんかけチャーハンが新しくラインナップされてたので

それで許してください……

あと、インドではしばらく生野菜が食べられないと思うので

生野菜はおかわりして大量に補給しました。

あ、ANAラウンジの稲荷寿司は意外と具沢山で美味しいですよ。

 

 

f:id:carrothalo:20200123102804j:image

 

f:id:carrothalo:20200123102826j:image

 

f:id:carrothalo:20200123102841j:image

 

 

 

f:id:carrothalo:20200123102907j:image

 

 

いよいよチェンナイ行きNH825に搭乗。

機材はB787です。

搭乗率は7割ぐらいだったでしょうか。

エコノミーのシート配列は3ー4ー3。

3人掛けシートに嫁と2人座ると

隣に誰も来るな!と祈りました。

通路側に他人が居ると居ないとでは

トイレなどへの出入りの自由度が全く違いますから……

祈りは通じて通路側は空席でした。

なんせ、行きは向かい風で10時間近いフライトですから

全くトイレに立たないわけにはいかないので

隣の空席は有り難かったです。

飛行ルートを見るとコロナウィルスで話題沸騰中の武漢の真上を通る感じになってます。

まあ13000フィート上空までウィルスが飛ぶことはないので大丈夫なんですけど。

 

 

f:id:carrothalo:20200123102922j:image

 

f:id:carrothalo:20200123102934j:image

 

f:id:carrothalo:20200123102951j:image

 

 

離陸して1時間程で機内食が配られます。

さっきカレー、蕎麦、チャーハン、稲荷寿司と

炭水化物のオンパレードを堪能してまだ食べます。

魚のトマトソースとチキンカレーの二択。

昔と比べるとバランスとか当然味も随分改善されましたが

それでもなんか炭水化物は相変わらず多め。

まあ、沢山食べる人を基準に考えるとこうなるのかな。

機内食って上空で温め直すわけですけど

温め直すと魚料理は残念ながら魚臭さが立ちますね……

カレーは風味が落ちて粉っぽい香りが立ちます。

エコノミーで贅沢は言えませんけど

もうひと押しって感じですね。

でも、本当に良くはなってきてるんですよ。

 

デザートはハーゲンダッツ

搭乗前、周りのサラリーマンが

チェンナイ線ってハーゲンダッツ出るらしいよ!

楽しみだね〜

ってな会話をしてたんですけど本当でした。

ただし、提供時はカチンコチンでスプーンが入りません……

上空の外気ってマイナス40度とか極寒の環境ですから

冷凍設備も外気に頼ってるんですかね?

 

 

f:id:carrothalo:20200123103005j:image

 

 

機内食を下げてもらって

しばらくすると機内は消灯。

おやすみモードになります。

日本時間でまだ昼過ぎですが

とりあえず1時間ほど昼寝をしましたが

これ以上寝ると昼夜の感覚が狂いそうなので

映画でも見ることにしました。

自分はあまり機内で映画とか見ないんですけど

あまりにも時間が余るので

久しぶりに見て時間を潰そうかなと。

機内後方に行くとスナックコーナーがあるので

飲み物とスナックを

おかわり、おかわり、おかわり

しながら2本見ました。

気兼ねなく通路に出れる幸せ……

離陸から6時間ぐらい経過してましたかね……

 

 

f:id:carrothalo:20200123103021j:image

 

 

映画を2本見たところで

機窓から下を見下ろすと地形が面白いな……と

見入ってしまいまた。

これがミャンマーの北部の地形で

これはまあよく見かける景色ですけど

 

 

f:id:carrothalo:20200123103044j:image

 

 

これがミャンマーからインドの国境付近。

南北に無数の筋状の山の連続。

どうやったらこんな地形になるのだろう……

この辺りはミャンマー、インド、バングラデシュの国境が入り乱れてる地域。

というか、インドが不自然に食い込んでるんですけど

ミャンマーのスーチーさんが頭を悩ませてる

ロヒンギャ問題の舞台がこの辺りなのかな……と。

 

 

f:id:carrothalo:20200123103057j:image

 

 

そこからでっかい川なのか湾なのか

川と中洲みたいな景色がしばらく広がります。

これがガンジス川か……

バングラデシュチッタゴンからインドのコルカタ辺りまで

かなりのエリアに渡る

壮大なガンジス川の河口の姿に圧倒されました……

 

コルカタから完全にインド領空に入りましたけど

まだチェンナイまで3時間かかります……

 

 

f:id:carrothalo:20200127223305j:image

 

遠くに山脈らしいものが見えます。

ヒマラヤ山脈ですね。

エベレストを探しましたが

稜線のギザギザは遠くから何となくわかりますが

8000m級の山の連続でどれが一番高いのかわかりません……

とりあえず、どれかがエベレストで

とにかくエベレストは見たと思います……

 

することがないのでもう1本映画を見ることにしました。

 

 

f:id:carrothalo:20200123103108j:image

 

f:id:carrothalo:20200123103118j:image

 

3本目の映画を見始めたらすぐに

機内の照明がついて軽食が配られました。

ナントーストの生地にポテトサラダがトッピングしてあるものでした。

不味くはないけど美味しいとも言えない感じ……

小腹が空いた腹を満たすには悪くないかも。

この時は日本時間で19時ぐらいで

チェンナイに着くのは日本時間の21:30ぐらい。

日本時間の23時ぐらいにチェンナイ市内で晩飯食べる感じになるので

完食しておいて丁度いいかなと。

 

 

f:id:carrothalo:20200123103149j:image

 

 

ここからチェンナイの時間にスイッチしてみます。

チェンナイ到着は18時ぐらいということで

着陸態勢に入ったのは夕刻です。

高度を下げ始めると雲上の景色は

神が住んでる……という

雰囲気と色彩……

 

 

 

 

スゲ〜……

って思ってると

CAさんの機内アナウンス。

↑↑↑↑↑の動画にアナウンスが収録されてますけど

チェンナイでは上空、空港施設での写真撮影はNGだそうです……

でも、空港施設とか軍人さんがそこら辺にいますが

スマホで撮影しても何も言われないし止められません。

でもまあ、どおりでチェンナイの空港の情報って

検索しても情報が薄いんですね……

 

 

f:id:carrothalo:20200123103203j:image

 

f:id:carrothalo:20200123103218j:image

 

 

ほぼ定刻にチェンナイに到着。

実際に飛んだ航路はこんな感じでした。

いやぁ……長旅でした……

でも日中のフライトだったし

映画見たり退屈は凌げたので

思ったほど疲れは感じませんでした。

 

スポットへタキシングする途中

機窓から見えるのはエアインディアが並ぶ景色。

インドに着いた……って思います。

 

 

 

 

 

チェンナイ国際空港に到着。

国際線の到着ターミナルは第3ターミナル。

施設はちょっと古い感じでパスポートコントロールまでの動線

↑↑↑↑↑の動画を見ていただくとわかりますがシンプル。

パスポートコントロールまでは仏教なのか

ヒンズー教なのかやはり宗教色が強く

銅像がたくさん並んでいます。

インドの宗教は日本とは桁違いに歴史が古く

紀元前2000年ほどまで遡ります。

バラモン教が起源となりそれがヒンズー教になるわけですが

仏教の起源もインドというのは有名な話し。

さらには地政学的に中東とも近い土地柄イスラム教も入ってたり

当然、キリスト教も。

最近はイスラム教の弾圧を巡って

つい到着1〜2日前にはここチェンナイでも暴動が起こったりしてました。

日本では宗教や人種による問題はあまり表に出ることはありませんが

外国に出ると当たり前のように肌で感じることがありますし

日本人が如何にそういう事柄に疎いのかがよくわかります。

 

 

 

f:id:carrothalo:20200123103240j:image

 

f:id:carrothalo:20200123103253j:image

 

 

チェンナイ国際空港の第3ターミナルは

本当に何もないです……

到着ロビーに出ると小さな売店が数件ある程度。

ターミナルから外に出ても周りには何もなく……

とりあえずタクシーでホテルに向かいたいところですが

デリーやムンバイみたいに客引きがワシャワシャ寄ってこないし

逆にタクシー乗り場は何処?って感じでタクシーを探す感じになります。

ウロウロしてるとようやくタクシーの客引きが1人寄ってきて

値段交渉が始まりました。

ホテルの地図を見せるとある程度の場所はわかったようで

更にホテルに電話をかけ始めて場所の確認もしてましたから

これなら大丈夫かなと。

で、どれだけふっかけてくるかなと思ったら

300ルピーで行くとのこと。

これって日本円にすると500円ぐらいなんですが

ホテルまで車で30〜40分ぐらいの距離なので

日本人からすると格安に感じますよね……

で、今までデリー、ムンバイと訪れて今回のチェンナイがインド3都市目となりますが

チェンナイはどちらかというと観光地ではなく

普通の地方都市なので外国人狙いのワシャワシャとした客引きが少ないです。

それ故に人はのんびり穏やかですし

まだ擦れてないインドという雰囲気です。

空港周辺はつい最近、国際線の第4ターミナルがオープンしたように

急ピッチで開発が行われているものの

開発中で物足りなさはありますけど

利用者もまだあまり多くない感じで

国内線の第1ターミナルの利用比率が高いように見受けられます。

 

少なくとも500ルピーは提示してくると思ってたのに

拍子抜けの300ルピーなら全然OKって感じで

即決でお願いしました。

でも、やはりここはインド。

真っ直ぐホテルに向かうと思いきや

ターミナルの端でドライバーの友達みたいなのが

助手席に乗り込んできて

ずっとホテルまでドライバーと談笑してました。

まあ、害もないし全然いいんですけど

こういう緩いのがインドの良さですよね。

ホテル近くまで来るとまたホテルに電話をしたり

道を歩いてる人に尋ねたりしながら詳しい場所を探って

ようやくホテルに到着。

追加であれこれ請求されて500ルピーぐらい言ってくるかな?と思いましたけど

高速代込みで320ルピーって言うので

つまらないな……と思いつつ

500ルピー渡して釣りは要らないよってな感じで。

それぐらい真面目なタクシーでした。

 

毎回、降りてから思うんですけど

タクシーの値段交渉から動画撮れば良かったな……と。

いつも長時間のフライトから

入国審査通って意外とあれこれ考える余裕がなくて忘れてしまうんですよね……

言葉が通じない状態でのやりとりで

動画撮れば笑える画になると言うので

これは次回以降の課題ですね。

 

 

 

f:id:carrothalo:20200123103318j:image

 

f:id:carrothalo:20200123103331j:image

 

 

 

ホテルにてチェックインを済ませたのが19時過ぎでした。

 

早速、街に出て晩飯ということなんですが

日が暮れて暗くなった街中

想像通りというかあまり治安の悪さとか

夜道が怖いという雰囲気がありません。

これはムンバイの時も同じで

夜道がちょっと物騒だなと感じたのは首都デリーだけ。

でも、デリーも初めてのインドということでしたから

もしかしたら普通以上に過敏に感じただけかもしれません。

デリーやムンバイでは野良犬が道端で死んでるように寝せべってましたけど

チェンナイでは野良犬が痩せてはいるものの

元気そうに動き回ってます。

首輪をしてる野良犬もいたり

野良犬1匹取り上げてもちょっと今までと違うと感じます。

 

ここまで記事を書いて

そもそも何で1年に3回もインドなのか?なんです。

仏教の発祥はインドであり

日本は神道と仏教が信仰の中心ですよね。

その仏教発祥のインドにおいて今は仏教が少数派であり

ヒンズー教イスラム教が根強く定着し

仏教のルーツはどうなりつつあるのか

それを肌で感じることが出来るのか。

 

また、世界の中心はひと昔前は欧米でしたけど

もはやアジア、中でも中国やインドにシフトしつつあるわけで

実際にGoogleマイクロソフトの頭はインド人だったりします。

何でインド人が重用される時代になりつつあるのか。

確かにインドでは電車に乗ってても一生懸命に勉強をしている子を見かけます。

でも、日本でもそういう子はいます。

何かが違うんだろうな……とは漠然と考えますが

何が違うんだろう……と。

チェンナイはGoogleのCEOであるPichai氏の出身地なんですけど

彼はとても謙虚な人物として有名で

合意形成能力が凄いらしいんですね。

謙虚といえば日本人の専売特許みたいなものだと思ってましたけど

周りを見渡すと今はどうでしょうか?

モンスター何チャラってのが世に蔓延り

色んな分野で問題を起こしています。

お客様は神様です!と言い始めて

何か違う方向に向かってしまった日本人は

知らないうちに謙虚どこかか非常識が身に付いてしまったのか。

日常の忙しさに押し流されて

誰も気付かないうちにどうしようもないロジックに陥り抜け出せないのか。

 

日本は間違いなく豊かにはなりました。

でも、宗教観であったり物事に対する感謝

貧しさを起源とするハングリー精神。

インドには日本人が忘れてしまった何かがあるんだろうか……

そんな思いを持っての3度目のインド、チェンナイなんです。

 

まず、インドって先進国なの?後進国なの?って話しです。

ハンス・ロスリング教授が著したファクトフルネスという本があるんですけど

その中にdollar street(ドルストリート)という

物事の見方だったり正しい判断の方法があります。

世界の国々は先進国と後進国だけでは分けられないよ?ということを

ファクトフルネスでは著しています。

現代では先進国と後進国の間に位置付けされる国々が沢山あって

むしろ、そういう国々が大半だと。

それをレベル1、レベル2、レベル3、レベル4に分類すると

例えばみんなのメインというか主たる移動手段で表現します。

 

レベル1…徒歩

レベル2…自転車

レベル3…オートバイ

レベル4…自動車

 

↑↑↑↑↑の動画だったり

他にアップしている街中の動画を見るとわかりますが

おそらくインドはレベル3まで上がってきてます。

勿論、インド国内には日本と比べ物にならないぐらい格差はあります。

裸足で歩いている人もいますし

野宿してる人もいます。

ですが、個人的な私感ですがレベル3です。

 

現代では世界人口は70億人でその内訳は

レベル1…10億人

レベル2…20億人

レベル3…30億人

レベル4…10億人

と言われていまして

先々、更に貧富の差は無くなっていくと言われてます。

 

dollar-street

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

https://www.gapminder.org/dollar-street/matrix?lang=ja

 

 

 

 

 

f:id:carrothalo:20200123103352j:image

 

f:id:carrothalo:20200123103416j:image

 

f:id:carrothalo:20200123103548j:image

 

f:id:carrothalo:20200123103452j:image

 

f:id:carrothalo:20200123103509j:image

 

f:id:carrothalo:20200123103524j:image

 

 

少し散策しながらレストランを見つけて

店の前で看板を眺めていると

店員が出てきてニコッと笑顔で入って入って!と。

そこそこ時間も遅くなってるし

他を探すのも面倒なので入ってみました。

 

テーブルに案内されると

バナナの葉っぱをテーブルに広げられまして

テーブルクロス?と思った矢先

手で掬った水をバナナの葉にかけ始めました。

どうやらこのバナナの葉が皿という感じです……

ちょっと戸惑いましたが

これが南インド流みたいです。

 

あんまり腹も減ってないし

マトン料理とドーサを2人でシェアすることにしたわけですけど

店員が入れ替わり立ち替わりで

背後霊みたいに常時4〜5人ずっと後ろに立って離れないんですね……

落ち着かないからどっか行ってくれ……って感じなんだけど

エビ食べないか?チキン食べないか?ビリヤニ食べないか?って

ずっと追加オーダーを取ろうとします……

腹減ってないから要らないし

もうとにかくどっか行け!と。

 

他の客はほったらかしで

ずっとうちのテーブルから離れないので

日本人だから沢山チップでも貰えると思ってるのかな……

 

 

f:id:carrothalo:20200130172312j:image

 

 

日本人は嫌な奴だと思われるとダメなんで

笑顔でフレンドリーに

腹減ってないからもう本当に要らないよ

って伝えると

そうか……じゃあ色んな飲み物置いておくから

必要なら好きなの飲んでね

という感じでジュースを4種類置いてみんな去って行きました。

 

肝心の料理の味ですが

それなりって感じでした。

なんか気が散って味もよく覚えてません……